Home 海外NEWS ジュード・ロウ、ブリー・ラーソン主演『キャプテン・マーベル』に出演

ジュード・ロウ、ブリー・ラーソン主演『キャプテン・マーベル』に出演

ジュード・ロウ、ブリー・ラーソン主演『キャプテン・マーベル』に出演
0

マーベル初の女性スーパーヒーロー映画となる、ブリー・ラーソン主演『キャプテン・マーベル』にジュード・ロウが相手役として出演することがわかりました。


『キャプテン・マーベル』は、90年代を舞台に空軍の女性パイロット、キャロル・ダンバース(ブリー・ラーソン)が事故をきっかけに宇宙人のDNAが融合してスーパー・パワーを得て、その力で銀河帝国を築き地球に侵略してきた異星人スクラルと戦うお話になると言われてます。

監督にインディペンデント映画界を中心に活動してきた男女コンビのライアン・フレック&アンナ・ボーデン。脚本は初稿を『インサイド・ヘッド』メグ・レフォーブと『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ニコール・パールマンが手がけ、現在は『トゥームレイダー ファースト・ミッション』のジェネバ・ロバートソン=ドゥウォレットが引き継いで執筆中です。

悪役異星人スクラルのリーダー役をベン・メンデルソーン(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)が演じます。

『キャプテン・マーベル』の悪役にベン・メンデルソーン
マーベルのスーパーヒーロー映画では初の女性主人公となる、ブリー・ラーソン主演『キャプテン・マーベル』に悪役としてベン・メンデルソーン(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)が出演すること...

ジュード・ロウの役は公式に発表されていませんが、キャプテン・マーベルを導く師匠的な存在である、オリジナルのキャプテン・マー・ベルこと、ウォルター・ローソン博士を演じるのではないかと言われています。

DC初の女性スーパーヒーロー主演映画『ワンダー・ウーマン』が大ヒットしているだけに、マーベルも負けてはいられません。90年代という舞台設定がどれくらい活かされるかを含めて注目です。
『キャプテン・マーベル』の全米公開は2019年3月8日予定です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です