Home 海外NEWS ジェシカ・チャステイン&オリビア・スペンサー共演コメディ映画の監督決定

ジェシカ・チャステイン&オリビア・スペンサー共演コメディ映画の監督決定

ジェシカ・チャステイン&オリビア・スペンサー共演コメディ映画の監督決定
1

ジェシカ・チャステインとオリビア・スペンサーが共演する、クリスマスシーズンを舞台にしたタイトル未定のコメディ映画の監督に、『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』のマイケル・ショウォルターが選ばれました。


ジェシカ・チャステインとオリビア・スペンサーが共演するコメディ映画企画はタイトル未定ですが、クリスマスで家に帰ろうとする女性2人の競い合いと珍道中を描くお話となるようです。

原案はジェシカ・チャステインと『カワイイ私の作り方 全米バター細工選手権!』『マリリン 7日間の恋』プロデューサーのケリー・カーマイケル。脚本を『あなたは私のムコになる』のピーター・チアレッリが担当します。

ジェシカ・チャステインとオリビア・スペンサーが『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』以来の共演となる、クリスマス・コメディ映画の企画がユニバーサル・ピクチャーズでスタートしました。ジェシカ・チャステイ...

俳優出身の監督のマイケル・ショウォルターは『ドリスの恋愛妄想適齢期』『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』など、コミカルでハートフルなキューティー映画が得意です。

アカデミー賞脚本賞にノミネートされた『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』は、制作者の実話と異人種間恋愛という冠を外せばドラマとしての構成と質としては凡庸なものでした(実話ベースにおんぶに抱っこで、創作として第三者(観客)に説明すべき視点の不足が多々ありすぎです)。それをマイケル・ショウォルター監督の演出手腕に助けられていた作品です。
今回の企画も名女優共演のコメディをどう料理するのか楽しみです。