Home 海外NEWS 『ヴァレー・ガール』のミュージカル映画リメイク、ヒロイン役にジェシカ・ロース

『ヴァレー・ガール』のミュージカル映画リメイク、ヒロイン役にジェシカ・ロース

『ヴァレー・ガール』のミュージカル映画リメイク、ヒロイン役にジェシカ・ロース
0

ニコラス・ケイジ初主演作『ヴァレー・ガール』のミュージカル映画リメイク企画で、ヒロインを『ラ・ラ・ランド』に出演しているジェシカ・ロース(ジェシカ・ロゼンバーグ)が演じることがわかりました。


「ヴァレー・ガール」とは80年代カリフォルニア郊外の高級住宅地に住む、おしゃべりやファッションが大好きな10代の女の子たちのことを指します。

そんなヴァレーガールな女の子ジュリーは、今日も友達たちとショッピングや男の子のことや恋の話に夢中。ある日、ジュリーはパーティーで偶然知り合った街の不良ランディと出会い恋に落ちるます。しかし不良とつきあうのを友達に反対されたジュリーは、悩んだ末ランディを振ります。ジュリーなしでは生きていけないランディは再度猛アタックを始める…というお話です。

ニコラス・ケイジの初主演作であり、ヒロインをデボラ・フォアマンが演じました。映画には、80年代のハイセンスなロックやポップソングが使われ、サントラもヒットしました。

これをMGMが以前からミュージカル映画としてリメイクする企画を進めていて、つい先日女流監督のレイチェル・ゴールデンバーグの参加が発表されたばかりです。

『ヴァレー・ガール』ミュージカル映画化企画に女流監督参加
1983年にアメリカで公開されたニコラス・ケイジ初主演作キューティー映画『ヴァレー・ガール』のミュージカル化をMGMが企画していますが、その監督にレイチェル・ゴールデンバーグが選ばれました。『ヴァレー・ガ...

ヒロイン、ジュリー役に抜擢されたジェシカ・ロースは以前はジェシカ・ロゼンバーグという芸名でした。話題のミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』でヒロインのエマ・ストーンのルームメイト役を演じています。
これまではインディペンデント系映画の出演が多かったのですが、その多くがキューティー映画です。そして今後はメジャー系映画の出演がいくつも決まっている注目の若手女優です。

ニューヨークに住む女の子2人の友情を描いた2015年公開の『LILY and KAT』では主演のリリーを演じています。相方を演じていたのが「ゲーム・オブ・スローンズ」『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』のハンナ・マリー。

ミュージカル映画として生まれ変わる『ヴァレー・ガール』の撮影は来年スタートです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です