Home 海外NEWS 悪名高き米フィギュアスケーターをマーゴット・ロビーが演じる『I, Tonya』の撮影風景映像

悪名高き米フィギュアスケーターをマーゴット・ロビーが演じる『I, Tonya』の撮影風景映像

悪名高き米フィギュアスケーターをマーゴット・ロビーが演じる『I, Tonya』の撮影風景映像
1

1994年にライバルを元夫たちに襲わせ怪我をさせたフィギュアスケートのオリンピック代表選手トーニャ・ハーディングをマーゴット・ロビーが演じる、彼女の半生を描く『I, Tonya』の撮影が進められていますが、シーン撮影のリーク映像が出ました。


トーニャ・ハーディングは1991年、女子として史上2人目となるトリプルアクセルを成功させ、オリンピックの代表選手にも選ばれ、アメリカの頂点に立っていた勝ち気なフィギュアスケーターでした。
そんな彼女がスランプになっていた1994年、トーニャの地位を脅かすライバル、ナンシー・ケリガンが全米選手権の会場で何者かに襲われ怪我をしてしまうという事件が起こりました。その結果、全米選手権はトーニャ・ハーディングが優勝しオリンピックの出場を果たします。しかしナンシー・ケリガンを襲撃したのがトーニャの元夫で、襲撃はトーニャの指示によるものとわかり、彼女は逮捕されスケート界から追放されます。
そんな彼女の半生を描くのが『I, Tonya』です。

トーニャ・ハーディングをマーゴット・ロビーが、元夫をセバスチャン・スタンが、ナンシー・ケリガンをケイトリン・カーヴァーが演じます。
監督は『ラースと、その彼女』クレイグ・ギレスピー、脚本は『クーパー家の晩餐会』『P.S.アイラヴユー』『ニューヨークの恋人』のスティーブン・ロジャース。

これまでも練習シーンの映像がリークされていました。

マーゴット・ロビー、トーニャ・ハーディングに。『I, Tonya』でのスケート練習風景の映像
1994年にライバルを元夫たちに襲わせたフィギュアスケートのオリンピック代表選手トーニャ・ハーディングの半生を描く『I, Tonya』の撮影が始まっています。トーニャ・ハーディングを演じるマーゴット・ロビーの...

今回はシーン撮影のリーク映像です。練習シーンといい、今回といい、観客席からの映像で隠し撮りにしていたら普通にスタッフに没収されると思うので、これも宣伝の1つの方法なのでしょうか?
しかし演技中にちゃんと滑っているマーゴット・ロビー、さすがです。

こちらは審査員を汚い言葉で罵る、を演じているところです。アメリカのメディア向けだと「ピー」が入っています。

こちらは別アングルの同シーン。「ピー」音なしでセリフが聞けるのと、審査員役の人のセリフも聞こえます。

Comment(1)

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です