Home 海外NEWS エイミー・シューマー主演キューティー映画『I Feel Pretty』全米公開開始!週末の成績は?!

エイミー・シューマー主演キューティー映画『I Feel Pretty』全米公開開始!週末の成績は?!

エイミー・シューマー主演キューティー映画『I Feel Pretty』全米公開開始!週末の成績は?!
0

キューティー映画の名脚本チーム、アビー・コーン&マーク・シルヴァースタイン初監督作、エイミー・シューマー主演、容姿に自信のないヒロインが頭を打って美人と思い込むようになる『I Feel Pretty』が全米で公開され、予想を上回るスタートを切りました。


『I Feel Pretty』は、容姿から劣等感の塊で日々を過ごしていたレニー(エイミー・シューマー)は、ある日事故で頭を強打し自分が最も美しい女性と思い込むようになります。自信をつけた彼女は勤務先の化粧品会社であっという間に出世していき…というお話です。

今年2月に予告編公開と一般向けの試写が行われ、それが好評ということから公開日が急遽6月から4月に前倒しになりました。

キューティー映画の名脚本チーム、アビー・コーン&マーク・シルヴァースタイン初監督作、エイミー・シューマー主演、容姿に自信のないヒロインが頭を打って美人と思い込むようになる『I Feel Pretty』の全米公開...

しかしその後、評論家たちからは散々たる言われようで、さらにエイミー・シューマはデビュー作『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』が大ヒットしたものの、続くゴールディ・ホーンと母娘役で共演した『クレイジー・バカンス ツイてない女たちの南国旅行』が大失敗。彼女自身、一時は時の人として持ち上げられてきましたが、ここ最近ではすっかり人気も落ちています。そういう点からも彼女が主演映画のヒットは難しいと予想されていました。

これまで彼女が主演した2作品は、アケスケな台詞やダーティなギャグを売りにしている彼女を主演にしていることもあり、レーティングは大人向けのR指定映画でしたが、今回の『I Feel Pretty』はPG-13で、より広い客層を対象にしています。これも逆に彼女の売りが封印されてしまうことにもなりかねないので、懸案材料でした。

しかし結果的には若い女性層を中心にキューティー映画ファンが映画館に足を運んだようで、事前の予想値を上回る週末興行成績でスタートしました。

1位は大ヒットしているエミリー・ブラント主演、音で襲いかかるモンスターに怯え手話で会話するSFホラー『ア・クワイエット・プレイス』(週末興収2200万ドル)、2位は先週1位スタートだったドウェイン・ジョンソン主演、巨大生物パニック映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』(週末興収2100万ドル)です。
『I Feel Pretty』は全米3440スクリーンで公開され、週末興行収益1620万ドル、3位スタート。先週末初公開の映画の中ではトップとなります。

『I Feel Pretty』の最終的な全米での興行収益は3000万ドルあたりと推測されます。製作費が3200万ドルなのでほぼトントンで、本来はもうちょっと稼ぎたいところですが、エイミー・シューマーはアメリカ以外では全く稼げないので、これに1000万ドルが上乗せされる程度(4000万ドル)辺りが最終的な全世界での興行収益となりそうです。

アビー・コーン&マーク・シルヴァースタインが脚本だけでなく監督も務めた作品ですから、良質なキューティー映画になっていると思います。今後は作品を観た人たちによる口コミ次第でしょうか。

そしてキューティー映画が映画評論家の評に全く影響されずヒットすることがまた証明されました。そして製作・配給のSTXエンタテイメントは『バッド・ママ』シリーズに続いて、またもキューティー映画でヒットです。