Home 海外NEWS リース・ウィーザースプーンの新作キューティー映画『Home Again』全米週末成績2位スタート

リース・ウィーザースプーンの新作キューティー映画『Home Again』全米週末成績2位スタート

リース・ウィーザースプーンの新作キューティー映画『Home Again』全米週末成績2位スタート
0

先週の全米興行成績はスティーヴン・キング原作の『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』(日本公開11月3日)がホラー映画として記録的なスタートを切りましたが、リース・ウィザースプーン主演のキューティー映画『Home Again』は2位スタートを切っています。


『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』は1億2340万ドルを記録。ここ1ヶ月の全米週末興収の低調ぶりを吹き飛ばすかのような、歴代ホラー映画で断トツ1位の週末興行収益でスタートしています。

2位のリース・ウィザースプーンが久々にコミカルなキューティー映画のヒロインを務めた、『マイ・インターン』監督ナンシー・マイヤーズの娘ハリー・マイヤーズ・シャイヤーの初監督作『Home Again』は857万ドルでスタートです。

子持ちバツイチママが、40歳の誕生日に知り合った今どきの若者たちと同居することになり…というリース・ウィザースプーン久々の主演キューティー映画『Home Again』の予告編が公開されました。2人の子供を持つ最...

1位の『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』の客層はほぼ男女半々のようで、リピーターは男性が多いとか。一方2位の『Home Again』は当然女性中心の動員ですから、完全に分かれた形になっています。

そう考えると、リース・ウィザースプーンのキューティー映画はやはり強いですね。劇場用作品でリースの子持ち設定のヒロインは初です(ドラマでは「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」)。それも時代の流れでしょうが、今後リースはママ設定でもヒロインを演じられることになり、キューティー映画のヒロインとして幅が広がりました。
リースが最近、リップサービスではない感じでよくインタビューで口にする『キューティ・ブロンド』の新作の可能性も見えてきたかもしれません。
18歳になった娘のアヴァ・フィリップと。