Home 海外NEWS 現代のハロウィンに蘇った3人の魔女たちを描くディズニー映画『ホーカス・ポーカス』続編を企画??

現代のハロウィンに蘇った3人の魔女たちを描くディズニー映画『ホーカス・ポーカス』続編を企画??

現代のハロウィンに蘇った3人の魔女たちを描くディズニー映画『ホーカス・ポーカス』続編を企画??
0

ディズニー製作、ハロウィンの夜に蘇った3人の魔女と高校生たちのドタバタ追っかけコメディ映画『ホーカス・ポーカス』(1993)の続編が、ディズニー・チャンネルなどTV映画として復活する可能性が出てきました。


300年前に縛り首にされて退治された悪い魔女の3姉妹(ベット・ミドラー、サラ・ジェシカ・パーカー、キャシー・ナジミー)が、ひょんなことから現代のハロウィンに蘇ります。彼女たちは魔力を復活させるため、魔法の本を持っている高校生たちを追いかける…というドタバタ・コメディです。
ベット・ミドラーが魔女の長女を演じ歌い踊り、サラ・ジェシカ・パーカーが可愛くて色っぽい魔女の3女を演じていました。

監督は『ディセンダント』シリーズ、『ハイスクール・ミュージカル』シリーズのケニー・オルテガ。脚本はミック・ギャリス、ニール・カスバート。

こちらは現代のハロウィン・パーティーに紛れ込んだ魔女たちがステージに上がって「I Put A Spell On You」を歌うという、ベット・ミドラーの見せ場のシーンです。

『ホーカス・ポーカス』は家族向けのハロウィン映画では代表的な作品となり、その後続編の企画の噂がずっと出ていました。ここ数年、ベット・ミドラーもサラ・ジェシカ・パーカーも続編への出演の意欲をSNSなどで表明しています。

しかし未だに続編の企画は表に出ませんし、実現していません。

それがここに来て、オリジナルの脚本を担当していたミック・ギャリスの口から、続編の企画は10年前に立ち上がって未だに消滅していないこと、またオリジナル同様の劇場映画作品としてではなく、ディズニー・チャンネル、ABC、フリーフォームなど、ディズニー系列のTV映画で実現する可能性が高いことが語られました。

確かに前作のタッチやファミリー向けということを考えると、今は劇場用ではなく、TV映画の方が成功する可能性は高いです。ベット・ミドラー、サラ・ジェシカ・パーカー、キャシー・ナジミーの3人の再登場を期待しましょう。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です