Home 海外NEWS ゾーイ・クラヴィッツ主演「ハイ・フィデリティ」ドラマシリーズ、ディズニー+からHuluへ

ゾーイ・クラヴィッツ主演「ハイ・フィデリティ」ドラマシリーズ、ディズニー+からHuluへ

ゾーイ・クラヴィッツ主演「ハイ・フィデリティ」ドラマシリーズ、ディズニー+からHuluへ
0

ジョン・キューザック主演『ハイ・フィデリティ』(2000)をゾーイ・クラヴィッツ主演でドラマシリーズ化する企画の配信プラットフォームが、ディズニーの新配信サービス「ディズニー+」から米Huluに移りました。


シカゴで小さな中古レコードを営むロックオタクの日常を描いたジョン・キューザック主演『ハイ・フィデリティ』(2000)を、ゾーイ・クラヴィッツを主人公にしてドラマシリーズ化する企画は、当初ディズニーが2019年秋からスタートさせる配信サービス「ディズニー+」で配信される予定でした。

2019年後半からサービスが開始されるディズニーの新配信サービスの名称が正式に「ディズニー+」と発表されました。ラインナップはスター・ウォーズ、マーベル、ピクサーなどの有名作品やキャラクターを使ったも...

ディズニー+はR指定、PG-13指定など、ファミリー層が見れない作品を配信しない方針です。
しかしオリジナルの映画は大人向けのドラマでした。当然ドラマシリーズも大人向けの作りになります。そこで作品のテイストを維持するためディズニーが大半の株を所有している米Huluに配信先を変更することにしました。

今後、ディズニーの配信コンテンツは、メインはディズニー+で、挑戦的なタイトルは米Huluで、と棲み分けが行われるのでしょうか?注目です。

「ハイ・フィデリティ」ドラマシリーズは、全10話を予定。オリジナル版の脚本チームの1人だったスコット・ローゼンバーグが脚本を担当しています。