Home 海外NEWS ロマンス小説『The Hating Game(原作邦題:大嫌いゲーム』、『ロミー&ミッシェル』監督で映画化

ロマンス小説『The Hating Game(原作邦題:大嫌いゲーム』、『ロミー&ミッシェル』監督で映画化

ロマンス小説『The Hating Game(原作邦題:大嫌いゲーム』、『ロミー&ミッシェル』監督で映画化
0

サリー・ソーンのロマンス小説「The Hating Game(原作邦題:大嫌いゲーム)」が、『ロミー&ミッシェル』『ハートブレイカー』デヴィッド・マーキン監督で映画化されます。企画開発を行うのは、キューティー映画化ニュースが3日連続続いているBCDFピクチャーズです。


小柄な秘書のルーシーが務める出版社は合併したせいでCEOが2人います。もう1人の秘書は背が高くイケメンだけど性格の悪いジョッシュ。何かと衝突してばかりの2人ですが、秘書のうち1人が会社役員に登用されると知って2人は重役の椅子を巡って争うことに…というロマンティック・コメディです。

サリー・ソーンが2016年に出版した同名ロマンス小説が原作です。日本では「大嫌いゲーム」という邦題で出版されています。

AWS Access Key ID: AKIAJO7YHYZFZXBHWDEQ. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.


監督は『ロミー&ミッシェル』『ハートブレイカー』デヴィッド・マーキン。彼はアニメシリーズ「シンプソンズ」のプロデューサーとしても有名です。
脚本はクリスティーナ・メンガート。彼女は、エリザベス・オルセンのデビュー作、ジェーン・フォンダ出演の『Peace, Love & Misunderstanding』(2012)の脚本を担当しています。
弁護士の娘が離婚をきっかけに2人の子供を連れてウッドストックに住む母のもとを訪れるが、母は元ヒッピーで未だに自由奔放に生きていて…というお話。出演はジェーン・フォンダ、キャサリン・マクフィー、エリザ...

企画開発はBCDFピクチャーズ。この会社、小説の映画化としてキューティー映画企画を3日連続で発表しています。
「レベッカのお買いもの日記」シリーズなどの原作者ソフィー・キンセラ原作のロマンス小説『Can You Keep A Secret?(原作邦題:エマの秘密に恋したら…)』がアレクサンドラ・ダダリオ主演で映画化されます。搭乗...

パラノーマル・ロマンス系YA小説「Hush, Hush(原作邦題:黒衣の天使と危険な恋)」の映画化企画で、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」などを手がけた女流テレビドラマ演出家、ケリー・サイラスが監督に抜擢されま...