Home 海外NEWS ティーン探偵が活躍するコミック「Goldie Vance」の映画化でラシダ・ジョーンズが長編初監督

ティーン探偵が活躍するコミック「Goldie Vance」の映画化でラシダ・ジョーンズが長編初監督

ティーン探偵が活躍するコミック「Goldie Vance」の映画化でラシダ・ジョーンズが長編初監督
0

マイアミを舞台に16歳の少女探偵の活躍を描くコミックシリーズ「Goldie Vance」の映画化で、ラシダ・ジョーンズとケリー・ワシントン(「スキャンダル」)が企画・製作することがわかりました。ラシダ・ジョーンズが初監督を務めます。


「Goldie Vance」はマイアミに住む16歳のマリーゴールド”ゴールディ”ヴァンスが主人公です。彼女は両親が離婚し、父親と暮らしています。そんな彼女は好奇心旺盛で将来はマイアミの老舗のホテルの社内探偵になることが夢です。そんな彼女が事件を解決していく…という、少女探偵ものの元祖「ナンシー・ドリュー」の現代版のコミックシリーズです。

お話はホープ・ローソン、絵はブリトニー・ウィリアムズという若い女性コンビで作られています。ブリトニー・ウィリアムズの絵は日本の80年代アニメに影響があることがわかります。色使いが軽やかでかわいくていいですね。

このコミックの映画化をラシダ・ジョーンズとケリー・ワシントン(「スキャンダル」)が企画。FOXで製作されます。ケリー・ワシントンはプロデューサーとして、ラシダ・ジョーンズは監督としてプロジェクトに参加します。ラシダ・ジョーンズは長編初監督となります。

ラシダ・ジョーンズは『トイ・ストーリー4』の脚本から降板しましたが、その理由が、ピクサーの有色人種や女性などに対する「多様性のなさ」でした。そういう意味では今回の企画は彼女の目標にピッタリ当てはまります。キューティー映画として期待できそうです。
そして今回のニュースでどこにも「実写化」という言葉が使われていません。もしかしたらアニメ化の可能性もあるのでしょうか?実写だとは思うのですが、アニメ映画化だとすれば、それはそれでとても興味深いです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です