Home 海外NEWS ウィル・フェレル、キューティー映画用の企画製作会社を設立

ウィル・フェレル、キューティー映画用の企画製作会社を設立

ウィル・フェレル、キューティー映画用の企画製作会社を設立
1

gloria-sanchez-productions_00『奥さまは魔女』でダーリンを演じたウィル・フェレル。アメリカで人気のコメディアンです。彼は仲間の映画監督アダム・マッケイと共に企画製作会社ゲイリー・サンチェス・プロダクションズも運営していて、『俺たちニュースキャスター』シリーズや、『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!』『ヘンゼル&グレーテル』などをプロデュースしています。


今回、彼らは女性向け映画…キューティー映画の企画会社「グロリア・サンチェス・プロダクション」を設立しました。プロダクションの中心人物の1人で女性プロデューサー、ジェシカ・エルバウムが代表となります。

ゲイリー・サンチェス・プロダクションズはコメディアンの設立した会社らしく、架空の人物ゲイリー・サンチェス氏が設立した設定となっています。
この「グロリア・サンチェス」はゲイリーの愛する異父母系の孫娘、という設定だそうです。

設立の背景には、ゲイリー・サンチェス・プロダクションズがここ最近企画開発している作品がどれもキューティー映画になっており、今後、より多くの女性向けコメディ映画やドラマのの企画をジェシカ・エルバウム中心に進めるためと思われます。

ゲイリー・サンチェス・プロダクションで今、製作して今後公開予定の作品は
メリッサ・マッカーシー主演・脚本、スーザン・サランドン扮するアル中の老母とのロードムービー『Tammy』
メリッサ・マッカーシー新作『Tammy』スーザン・サランドンとの共演シーン公開
やっぱり面白い!メリッサ・マッカーシー新作『Tammy』ティーザー予告編公開!

『ブライズメイズ』主演のクリステン・ウィグ扮するヒロインが宝くじが当たり、その賞金を元手にケーブルテレビ局でトーク番組を始めるという『Welcome To Me』

キルステン・ダンストと『なんちゃって家族』の大ヒットが記憶に新しいジェイソン・サダイキスが共演する男女の友情が恋に変わるお話の『Sleeping with Other People』

と、いずれも有名コメディアンヌ、コメディアンが出演しているキューティー映画です。キルステン・ダンストも一時はうつ病でキャリアが危なかったのですが、最近は独立系、ヨーロッパ系映画でヒロインを演じています。元々子役時代から「オーディション負け知らず」の異名を持つ女優でしたから、今後はコメディ系キューティー映画に多く出演してほしいものです。

さらにゲイリー・サンチェス・プロダクションで企画開発中なのが、以前cueでもお伝えした『ブライダル・ウォーズ』『Ass Backwards』ジューン・ダイアン・ラファエルとケイシー・ウィルソンのコンビ脚本のキューティー映画企画です。これは今後グロリア・サンチェス・プロダクションで企画開発が進むと思われます。
『Ass Backwards』ジューン・ダイアン・ラファエルとケイシー・ウィルソン、ウィル・フェレルの製作会社で新作を企画

大人の女のダメっぷりや恋愛事情を描いたコメディ系のキューティー映画は『ブライズメイズ』の大ヒット以来、完全に今のキューティー映画の主流となりました。

この手のキューティー映画の企画は『ブライズメイズ』『The Heat』を監督したポール・フェイグのところに集まっていましたが、ポール・フェイグは『The Heat』の特大ヒットもあり、今後は女性のバディものやアクション系キューティー映画に行くと思われます(次回作はメリッサ・マッカーシー主演のスパイもの『Susan Cooper』)。

グロリア・サンチェス・プロダクションは『バチェロレッテ』のような、女性プロデューサーならではの同性が共感出来るコメディ・キューティー映画を作っていくと思うので、今後に期待したいですね。