Home 海外NEWS マリン・アッカーマン主演、感謝祭のパーティを巡るコメディ『Friendsgiving』

マリン・アッカーマン主演、感謝祭のパーティを巡るコメディ『Friendsgiving』

マリン・アッカーマン主演、感謝祭のパーティを巡るコメディ『Friendsgiving』
1

マリン・アッカーマン(『ロック・オブ・エイジズ』)、カット・デニングス(『キミに逢えたら!』)、ジェーン・シーモア(『ハートビート』)が共演する、クリスマス・シーズンのコメディ『Friendsgiving』の制作がスタートします。


最近離婚したばかりの女優モリー(マリン・アッカーマン)、最近恋人に捨てられたレズビアンの親友アビー(カット・デニングス)、華やかなスウェーデン出身のモリーの母親ヘレン(ジェーン・シーモア)の3人が、感謝祭のディナーに友人たちを招くものの騒動が巻き起こり…というコメディです。

アイシャ・タイラーとデオン・コールが夫婦役で、ライアン・ハンセンがモリーの元カレ役で、その他チェルシー・ペレッティ、クリスティン・タイラー、ワンダ・サイクス、マーガレット・チョーなどが出演します。

監督・脚本はニコル・パオーネ。彼女はこれまで女優として活動しており本作が初監督となります。