Home 海外NEWS iPhoneの次は35mmで撮影『The Florida Project』全米公開大ヒットスタート

iPhoneの次は35mmで撮影『The Florida Project』全米公開大ヒットスタート

iPhoneの次は35mmで撮影『The Florida Project』全米公開大ヒットスタート
0

全編iPhoneでの撮影が話題となった『タンジェリン』ショーン・ベイカー監督最新作、今度は全編35mmフィルムで撮影された『The Florida Project』が、現地時間10月8日に全米4館で公開を開始しました。週末興行成績は非常に高いスクリーン・アベレージとなり好スタートを切りました。


6歳の女の子ムーニー(ブルックリン・プリンス)と若い母親ハレー(ブリア・ヴィナイテ)が夏休みに、ディズニー・ワールドのあるオーランドにある「マジックキャッスル」という名のパステルカラーのモーテルに泊まりに来ます。ムーニーは友達になった子どもたちと周辺の様々な場所で遊び、新しい発見をする毎日。そんなムーニーの夏休みはハレーの陰ながらつらい仕事によって支えられています。この親子を「マジックキャッスル」マネージャーのボビー(ウィレム・デフォー)が優しく見守っている…というのが『The Florida Project』のお話です。

『タンジェリン』監督最新作『The Florida Project』予告編
全編iPhoneで撮影したことで話題となった『タンジェリン』ショーン・ベイカー監督による期待の新作、ウィレム・デフォー出演『The Florida Project』の予告編が公開されました。6歳の女の子ムーニー(ブルックリ...

『The Florida Project』は全米4館で公開され、全米週末興行成績は15万2622ドル。スクリーン・アベレージは3万9388ドルとなり、これは現在全米で公開されている映画の中では断トツ1位の数字です(2位は『ブレードランナー2049』の8071ドル)。

『The Florida Project』は配給のA24によって今後全米で拡大公開される予定ですが、これから年末に向けての賞レースでも話題になりそうです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です