Home 海外NEWS ビートルズの伝説的なマネージャー、ブライアン・エプスタインの伝記がドラマ化

ビートルズの伝説的なマネージャー、ブライアン・エプスタインの伝記がドラマ化

ビートルズの伝説的なマネージャー、ブライアン・エプスタインの伝記がドラマ化
0

ビートルズの伝説的なマネージャー、ブライアン・エプスタインを描いたグラフィック・ノベル「The Fifth Beatle: The Brian EpsteinStory」がドラマ化されます。


ビートルズのデビュー当時からアメリカ進出までマネージャーを務めていたブライアン・エプスタインは、「彼がいなければビートルズは売れなかった」とまで言われている成功の立役者でした。
彼は4人の若者たちにスーツとネクタイを着せて「いい子」のイメージを作りだしました。彼は自身がゲイであることを公表していませんが誰もが知っていることでジョン・レノンとの噂を取り沙汰されたことも多々ありました。32歳の時に薬の過剰摂取で死亡しています。

そんな彼の伝記は様々な書籍で語られていますが、以前から2013年に出版され、数々の賞を受賞しているグラフィック・ノベル「The Fifth Beatle: The Brian EpsteinStory」の映像化が企画されており、2013年、2015年の2回、映画化のニュースが発表されていました。

『チアーズ!』『恋は邪魔者』『ハニーvs.ダーリン 2年目の駆け引き』の監督、ペイトン・リードがビートルズの伝説的なマネージャー、ブライアン・エプスタインの映画を撮るようです。ブライアン・エプスタインが...

ザ・フィフスビートル ブライアン・エプスタインストーリー

ザ・フィフスビートル ブライアン・エプスタインストーリー書籍

作者ヴィヴェック・J・ティワリー

クリエーターアンドリュー・C・ロビンソン, カイル・ベイカー, 奥田祐士

発行ジュリアンパブリッシング

発売日15.07.17

カテゴリー単行本

ページ数168

ISBN4864572259

Supported by amazon Product Advertising API


最終的に映像化企画はユニバーサル・ケーブル・プロダクションとソナー・エンターテインメントによって、「The Fifth Beatle」というタイトルで、ミニ・ドラマシリーズとして製作されることになりました。原作者ヴィヴェック・J・ティワリーが脚本を担当。NBCユニバーサル関連のケーブルテレビ局Bravoで放送される予定です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.