Home 海外NEWS キャリー・マリガン主演、トマス・ハーディー原作の大河キューティー映画『遙か群衆を離れて』予告編

キャリー・マリガン主演、トマス・ハーディー原作の大河キューティー映画『遙か群衆を離れて』予告編

キャリー・マリガン主演、トマス・ハーディー原作の大河キューティー映画『遙か群衆を離れて』予告編
0

farfromthemaddingcrowd-trailer_00イギリスの作家トーマス・ハーディ原作の『遙か群衆を離れて(原題:Far From the Madding Crowd)』が、『17歳の肖像』『華麗なるギャツビー』キャリー・マリガン主演で映画化されました。その予告編です。


『遙か群衆を離れて』は独立心旺盛で自ら農場を経営するヒロインと、彼女に雇われている羊飼い、彼女に惚れている近所の裕福な地主、彼女の結婚相手となる遊び人の軍人、という3人の男たちとの関係を描いたハーレクィーンの元祖ともいうべき、古典大河ロマンスです。

トーマス・ハーディの原作は1874年に出版され、1967年に『2番目に幸せなこと』のジョン・シュレシンジャー監督で映画化されています。その時はヒロインをジュリー・クリスティが演じていました。大河ロマンらしく、上映時間は3時間弱ありました。

今回の映画化ではデンマーク出身のトマス・ヴィンターベアが監督を務めます。
ヒロイン役キャリー・マリガンの他に、『君と歩く世界』マティアス・スーナールツが羊飼い、『トワイライト・サーガ』のマイケル・シーンが近隣の地主、『パイレーツ・ロック』トム・スターリッジが軍人を演じます。

本作は去年のカンヌでお披露目後に全米・全英での公開を予定していました。しかし公開は延期され、最終的に全米・全英公開日が5月1日に設定されました。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です