Home 海外NEWS 『魔法にかけられて』続編企画、監督に『ヘアスプレー(2007年版)』アダム・シャンクマン!

『魔法にかけられて』続編企画、監督に『ヘアスプレー(2007年版)』アダム・シャンクマン!

『魔法にかけられて』続編企画、監督に『ヘアスプレー(2007年版)』アダム・シャンクマン!
0

2007年に公開された(日本公開2008年)ディズニープリンセスが現実世界に現れる騒動を描いた『魔法にかけられて』の続編企画『Disenchanted』で、『ロック・オブ・エイジズ』『ヘアスプレー』のアダム・シャンクマンが監督をすることになりました。


『魔法にかけられて』はもはや説明不要の大ヒットディズニー映画です。ディズニーが自らアニメのディズニープリンセスを実写でパロディ化するというのがウケました。劇中のミュージカルシーンも素晴らしく、さらにディズニーアニメの小ネタも盛りだくさんで、ディズニーファンにとっても存分に楽しめるキューティー映画です。

エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マースデン、イディナ・メンゼル、スーザン・サランドンらが出演。この時イディナ・メンゼルはまだ映画女優としては有名ではなく、歌うシーンがありませんでした。

以前からディズニーは続編を企画しており、タイトルも『Enchanted 2』から『Disenchanted』となり、『スマーフ』シリーズ『シュレック2』J・デヴィッド・ステム&デヴィッド・N・ワイスのコンビの脚本で、監督に『キューティ・コップ』『あなたは私の婿になる』『幸せになるための27のドレス』女流監督アン・フレッチャーを迎えて企画開発が進められてきました。

『Disenchanted』は前作の10年後、現実世界に残ったエイミー・アダムス演じるお姫様が、今の生活に疑問を感じてまた現実とアニメ世界を往復するお話になるようです。

アダム・シャンクマンとアン・フレッチャーは共に振付け師出身の仲間です。アン・フレッチャーの監督デビュー作『ステップ・アップ』はアダム・シャンクマンのプロデュースによるものですし、アダム・シャンクマンが監督した『ロック・オブ・エイジズ』ではアン・フレッチャーはすでに監督として地位を確立しているにも関わらず久々にダンサーとして出演してアダム・シャンクマンをバックアップしていました。
今回のアン・フレッチャーからアダム・シャンクマンへの監督変更もそういう意味では納得です。

ディズニーとしては公開10周年となる2017年の夏には撮影を開始したいようで、そういう点からもここから一気に企画が動き出すと思います。今後の進展が楽しみです。