Home 海外NEWS エマ・トンプソンとミンディ・カリングで、ベテラン司会者と放送作家の関係を描くキューティー映画企画

エマ・トンプソンとミンディ・カリングで、ベテラン司会者と放送作家の関係を描くキューティー映画企画

エマ・トンプソンとミンディ・カリングで、ベテラン司会者と放送作家の関係を描くキューティー映画企画
0

ミンディ・カリングが脚本を書いているタイトル未定のコメディ映画企画は『プラダを着た悪魔』のようなタッチになるようです。ミンディ自身が主演エマ・トンプソンが共演予定です。


タイトル未定の作品は、ベテランのトークショウの司会者(エマ・トンプソン)が、初めて女性ライター(ミンディ・カリング)を雇ったものの、そのせいで自分のこれまで築いてきたキャリアが台無しなってしまう危機感を感じる…というお話になるようです。

インド系コメディアンヌのミンディ・カリングは日本では無名ですが、アメリカでは自身が主演・脚本のドラマ「The Mindy Project」が大ヒットし、コメディアンヌはもとより制作者としてその手腕が評価されています。
キューティー映画版『オーシャンズ11』で企画が進む『オーシャンズ8』にも出演しますし、最近は何かとキューティー映画系の話題作に名前が出てきます。

まだアメリカ限定の人気でしかありませんが、今後大作のメインキャラに出演することで世界的に認知されるか要注目です。

サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェットが出演する、オール女性キャスト版『オーシャンズ11』の『オーシャンズ8』に、アン・ハサウェイ、リアーナ、そして以前から噂されていたヘレナ・ボナム=カーターらの...

ディズニー製作、監督『グローリー/明日への行進』エイヴァ・デュヴァーネイ、脚本『アナと雪の女王』ジェニファー・リーによる古典児童文学の映画化『A Wrinkle In Time』にリース・ウィザースプーン、ミンディ...

今回わかった映画企画は、まだどこの映画会社も関わっていないようですが、ミンディ・カリングのキューティー映画企画、そしてエマ・トンプソンが関わっているということですでに水面下で争奪戦になっているようです。