Home 海外NEWS 『101匹わんちゃん』悪役、クルエラ・ド・ヴィルを描く実写映画企画、エマ・ストーンがクルエラ役に

『101匹わんちゃん』悪役、クルエラ・ド・ヴィルを描く実写映画企画、エマ・ストーンがクルエラ役に

『101匹わんちゃん』悪役、クルエラ・ド・ヴィルを描く実写映画企画、エマ・ストーンがクルエラ役に
0

ディズニーによるアニメ映画の実写企画で、今度は『101匹わんちゃん』の悪役クルエラ・ド・ヴィルを主役にした企画『Cruella』が立ち上がっています。クルエラ役にはエマ・ストーンがキャスティングされるようです。


ダルメシアンの子犬たちの毛皮で特製コートを作ろうと企てるクルエラ・ド・ヴィルの初登場は、1961年公開のアニメ映画『101匹わんちゃん』。その後ジョン・ヒューズの脚本・プロディースで1996年に実写版『101』としてリメイクされ、2000年には続編『102』が公開されています。実写版ではクルエラをグレン・クローズが演じていました。

クルエラは現在、ディズニーの悪役キャラチーム”ディズニー・ヴィランズ”の仲間入りを果たしていて、年末に日本でも放送された大ヒットTV映画「ディセンダント」でも登場していました。『マレフィセント』に続く”ディズニー・ヴィランズ”映画になりそうです。

今回の実写化企画の脚本は『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』『ウォルト・ディズニーの約束』のケリー・マーセル。初期プロットでは『ANNIE アニー』『プラダを着た悪魔』アライン・ブロッシュ・マッケンナが担当していたそうですから、この企画はキューティー映画になると予想されます。

エマ・ストーンをキャスティングしたということは、クルエラの若いころを描くお話になるのでしょうか?
クルエラはファッション・デザイナーという設定です。『プラダを着た悪魔』ばりのファッション中心のお話だととても楽しそうですね。

監督は現時点では未定ですが、ディズニーは今年の終わりから撮影に入りたいと考えているようです。