Home 海外NEWS リース・ウィザースプーンが企画開発を進める「Eleanor Oliphant is Completely Fine(原作邦題:エレノア・オリファントは今日も元気です)」映画化、脚本家決定

リース・ウィザースプーンが企画開発を進める「Eleanor Oliphant is Completely Fine(原作邦題:エレノア・オリファントは今日も元気です)」映画化、脚本家決定

リース・ウィザースプーンが企画開発を進める「Eleanor Oliphant is Completely Fine(原作邦題:エレノア・オリファントは今日も元気です)」映画化、脚本家決定
0

人付き合いが苦手な30歳女性の日常と成長を描いた小説「Eleanor Oliphant is Completely Fine(原作邦題:エレノア・オリファントは今日も元気です)」の映画化の企画開発がリース・ウィザースプーンの企画会社によって進められていますが、脚本家が決定しました。


グラフィックデザインの会社の経理部で働くエレノア・オリファントは、顔に大きな傷があり、人付き合いが苦手で友達も恋人もいない30歳。会社では正論をすぐ口にしてしまうので同僚たちから鬱陶しがられていますが、彼女は自分が正しいと思っているから全く気にしていません。毎日同じ服を来て、同じものを食べ、週に一度母親からの電話で悪態をつかれる…そんな普通の毎日を何不自由なく送っています。そんな彼女が親切な同僚と出会ったことをきっかけに、他人との関係や人生が開けるのと同時に、彼女の暗い過去が露わになっていく…というお話です。

原作はイギリス出身のゲイル・ハニマンによって書かれた小説です。日本では「エレノア・オリファントは今日も元気です」の邦題で出版されています。

エレノア・オリファントは今日も元気です (ハーパーコリンズ・フィクション)

エレノア・オリファントは今日も元気です (ハーパーコリンズ・フィクション)書籍

作者ゲイル ハニーマン

クリエーター西山 志緒

発行ハーパーコリンズ・ ジャパン

発売日17.12.16

カテゴリー単行本

ページ数432

ISBN459655207X

Supported by amazon Product Advertising API


リース・ウィザースプーンの企画会社「Hello Sunshine」が2017年にこの小説の映画化権を獲得し、企画開発を行ってきました。読後の感想がとても評価の高い小説で、映画化も期待されていました。

脚本を『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』のリズ・ハンナが担当し、脚本制作の作業に入ったようです。
リースはヒロインのエレノア・オリファントを演じる予定です。

製作・配給はMGM。リースとMGMは2020年2月14日公開予定の『キューティ・ブロンド』の第3弾でも同様の関係で企画を進めています。

リース・ウィザースプーンが3たびエル・ウッズを演じる『キューティ・ブロンド』第3弾(原題:Legally Blonde 3)の全米公開日が決定しました。先日、突然製作発表があったばかりの『キューティ・ブロンド』第3弾...