Home 海外NEWS LA エル・キャピタン劇場での『アナと雪の女王』Sing-Along版上映の様子

LA エル・キャピタン劇場での『アナと雪の女王』Sing-Along版上映の様子

LA エル・キャピタン劇場での『アナと雪の女王』Sing-Along版上映の様子
7

アメリカで数々の記録と受賞を連ね、アカデミー賞受賞もほぼ確定の『アナと雪の女王』ですが、1月31日から2月13日まで限定で劇場で一緒に歌える「Sing-Along」版が公開されています。このバージョンで週末興収成績2位を記録しました。
そして現地時間2日(日)、ロサンゼルスのハリウッドにあるエル・キャピタン劇場にオラフの声を演じたジョシュ・ギャッドがスペシャルゲストとして登場しました。その時の動画の紹介です。


『アナと雪の女王』の曲では女王エルサが歌う「Let It Go」が一番人気で、この曲がこの映画を大ヒットに導いています。
そして劇中歌で次に人気なのが、夏を夢見る雪だるまのオラフが歌う「In Summer」です。

エル・キャピタン劇場はディズニー直営の映画館で、観光地のメッカ、チャイニーズ・シアターの向かいにあります。
ここでは上映前に子供向けに歌や踊りのショーが行われます。筆者も実際に観たのですが、パイプオルガンでのディズニー有名曲の生演奏があり、ダンサーが登場してのミュージカル・ショーがあり、会場にいる子どもたちを舞台にあげてのショーがあり、と別料金を払ってもいいぐらいの充実したショーでした。
今回『アナと雪の女王』の特別なショーを行ったりしています。

以下の映像は、2日のジョシュ・ギャッドの上映前のトークです。

そして、実際Sing-Along版「Let It Go」を歌う観客の様子です。映像の後半は上記のジョシュ・ギャッドのトークを別アングルから撮影した映像が入っています。

「Let It Go」のシーンで、劇場内に雪を降らせてますね。エル・キャピタン劇場ならではの仕掛けです。

『アナと雪の女王』は日本では3月14日公開ですが、日本でもSing-Along版の上映はあるでしょうか?過去に日本では海外同様『マンマ・ミーア』のカラオケ版が上映されました。

『アナと雪の女王』は舞台ミュージカルのファン向け映画です。歌唱曲の見せ場がどれも素晴らしくて感動します。なので、一緒に歌えるバージョンより舞台のミュージカル同様、歌唱曲が終わったら観客が拍手して良くて、拍手の間映像が止まっているバージョンを上映して欲しいです(笑)