Home 海外NEWS 『101匹わんちゃん』クルエラ・ド・ヴィルをエマ・ストーンが演じる『Cruella』の監督が決定!

『101匹わんちゃん』クルエラ・ド・ヴィルをエマ・ストーンが演じる『Cruella』の監督が決定!

『101匹わんちゃん』クルエラ・ド・ヴィルをエマ・ストーンが演じる『Cruella』の監督が決定!
0

ディズニーによる『101匹わんちゃん』の悪役クルエラ・ド・ヴィルをエマ・ストーンが演じる『Cruella』の監督が決定しました。ミュージカルの演出家アレックス・ティンバースです。


1961年公開のアニメ映画『101匹わんちゃん』でダルメシアンの子犬たちの毛皮で特製コートを作ろうとする悪役クルエラ・ド・ヴィルは、ジョン・ヒューズの脚本・プロディースで1996年に実写版『101』としてリメイクされ、2000年には続編『102』が公開されています。その時のクルエラはグレン・クローズが演じていました。

今回の実写化企画の脚本は『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』『ウォルト・ディズニーの約束』のケリー・マーセルが担当しています。
しかしこの企画はエマ・ストーンがクルエラ役を演じることになったと報じられて以来、ずっと音信不通でした。

ディズニーによるアニメ映画の実写企画で、今度は『101匹わんちゃん』の悪役クルエラ・ド・ヴィルを主役にした企画『Cruella』が立ち上がっています。クルエラ役にはエマ・ストーンがキャスティングされるようで...

今回監督に選ばれたアレックス・ティンバースは、ミュージカル演出で有名でトニー賞にも2回ノミネートされています。『ムーラン・ルージュ』『ロッキー』のミュージカル版などを手がけていて、今年の夏まで『アナと雪の女王』のミュージカル版にも参加していました。
今回、劇場映画初監督となります。

『Cruella』は来年から制作に入ると見られますが、ディズニーの数ある実写化企画の中で急に進展し始めたのはミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』でのエマ・ストーンの高評価が大きいと思われます。
監督はミュージカル出身、開発段階では『ANNIE アニー』『プラダを着た悪魔』のアライン・ブロッシュ・マッケンナも参加しており、そして主演は『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン。『Cruella』は華やかで楽しいミュージカル・キューティー映画になりそうです。