Home 海外NEWS アジアの超セレブたちを描くキューティー映画『Crazy Rich Asians』、ワーナーで製作されることに

アジアの超セレブたちを描くキューティー映画『Crazy Rich Asians』、ワーナーで製作されることに

アジアの超セレブたちを描くキューティー映画『Crazy Rich Asians』、ワーナーで製作されることに
0

アメリカ育ちの中国系女性がシンガポール出身の彼氏に誘われ実家に行ってみると、実は超お金持ちの息子スーパーリッチな生活が待っていた…という『Crazy Rich Asians』の映画化企画がワーナー配給で製作されることになりました。


『Crazy Rich Asians』は、アメリカ育ちで中流家庭で育った中国系女性がシンガポール出身の彼氏に誘われ実家に行ってみると、実は彼は華僑系の超大金持ちの息子で、母親や彼を狙っている他の女性達から財産目当てに近づいたと思われて、彼との仲を邪魔されることに…という、典型的なキューティー映画な内容です。

2013年にケヴィン・クワンによって書かれた同名小説が原作です。原作者自身が華僑出身なので、劇中のスーパーリッチな生活、想像を絶する買い物、そのくせ細かいことにケチるという、リアリティあるコミカルな描写が受けてヒットし、映画化が進められていました。

Crazy Rich Asians(Assorted Cover Image)

Crazy Rich Asians(Assorted Cover Image)書籍

価格¥ 983

作者Kevin Kwan

発行Anchor

発売日14.05.20

カテゴリーペーパーバック

ページ数544

ISBN0804171580

Supported by amazon Product Advertising API


脚本は『あなたは私の婿になる』ピーター・チアレッリとアジア系女性脚本家のアデル・リムが執筆。監督には『ジェム&ホログラムス』『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』のジョン・M・チュウが選ばれ企画開発が進められてきました。今回ワーナーがこの企画を承認し、実製作に移ります。
撮影は来年春からを予定。今後はアジア系俳優を中心としたキャスティングが行われていきます。

ディズニーとソニーの2社それぞれが立ち上げた『ムーラン』の実写企画といい、今回の『Crazy Rich Asians』といい、中国市場を重要なマーケットと位置づけたハリウッド映画で、アジア系女優の活躍の場が大きくなっていきそうです。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です