Home 海外NEWS 『チャーリーズ・エンジェル』にクリステン・スチュワートとルピタ・ニョンゴ出演?

『チャーリーズ・エンジェル』にクリステン・スチュワートとルピタ・ニョンゴ出演?

『チャーリーズ・エンジェル』にクリステン・スチュワートとルピタ・ニョンゴ出演?
0

全米公開2019年7月7日に向けて準備中の、エリザベス・バンクス監督による『チャーリーズ・エンジェル』に、クリステン・スチュワートとルピタ・ニョンゴが出演する可能性が出てきました。


今回の『チャーリーズ・エンジェル』は現段階ではまだ脚本開発中のようで、『スノーホワイト/氷の王国』『美女と野獣』のエヴァン・スピリオトポウロスから、『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』原作、リメイク版『イルマーレ』のデヴィッド・オーバーンへ、そして現在は「ナルコス」『魔法使いの弟子』『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』のダグ・ミロ&カーロ・バーナードが脚本を執筆しています。

今回主演3人のうちの2人に、クリステン・スチュワートとルピタ・ニョンゴの名前が出てきました。以前『ムーンライト』『ドリーム 私たちのアポロ計画』に出演したジャネール・モネイの名前があがっていました、メインキャストの黒人枠はアカデミー賞受賞経験者のルピタ・ニョンゴになりそうです。

クリステン・スチュワートはここ最近『パーソナル・ショッパー』『カフェ・ソサエティ』『ロスト・エモーション』と、個性的で小規模しかも演技力を要求される作品への参加が多く、アクション映画自体は『エージェント・ウルトラ』というのがあったものの、大作への出演はありません。今回の出演が決定すれば、2012年の『スノーホワイト』以来となります。
※公開は同年12月公開の『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』の方が後ですが、彼女の撮影参加という点では『スノーホワイト』の方が後です。

この2人の参加はまだ決定ではありませんが、もし決まれば今回のメインキャストは演技派中心となります。
このキャスティングが、近年の女性向け映画ブームに反映して、強い女性をシリアスに描くドラマのためなのか、演技派がはっちゃけたキャラクターを演じる、というキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューが出演したマック・G版のような、女性同士の友情をコミカルに描きつつのアクション映画にするのか、とても気になります。

今年のコミコンの時、被り物をして会場を踊って遊んだ、楽しいルピタ・ニョンゴを映画でも見たいです。
(動画の1分あたり、マーベルのブースで一番後ろからピョンピョン喜んでるルピタ、かわいい(笑))

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です