Home 海外NEWS デイジー・リドリー&トム・ホランド『Chaos Walking(原作邦題:混沌の叫び)』全米公開日決定

デイジー・リドリー&トム・ホランド『Chaos Walking(原作邦題:混沌の叫び)』全米公開日決定

デイジー・リドリー&トム・ホランド『Chaos Walking(原作邦題:混沌の叫び)』全米公開日決定
0

デイジー・リドリーと『スパイダーマン:ホームカミング』が大ヒットスタートを切ったトム・ホランドが共演する、SF系YA小説の映画化『Chaos Walking(原作邦題:混沌の叫び)』の全米公開日が早くも決定しました。


人類がたどり着き定住した惑星、そこでは人々の考えや想像が全て他人に分かってしまう「ノイズ」と呼ばれる菌があり、世界は人々の考えや想いの騒音だらけになっています。主人公のトッド(トム・ホランド)はある日、宇宙から来た女性ヴィオラ(デイジー・リドリー)と出会います。彼女はノイズ菌に侵されていないため考えがトッドには分かりません。トッドは愛犬とヴィオラと一緒にノイズ菌を治せる町を目指して旅をする…というお話です。

パトリック・ネス原作『Chaos Walking(原作邦題:混沌の叫び)』シリーズ第1巻「心のナイフ」を元に映画化されます。

『わたしは生きていける』に出演後、『スパイダーマン ホームカミング』で新たなスパイダーマンを演じるトム・ホランドが、デイジー・リードリーが出演するSF系YA小説の映画化『Chaos Walking(原作邦題:混沌の...

監督は「ボーン・シリーズ」や『Mr&Mrs スミス』のダグ・ライマンに。脚本は『マネーモンスター』『親愛なるきみへ』のジェイミー・リンデン。

今年から撮影が開始される予定です。製作・配給会社であるライオンズ・ゲートが設定した『Chaos Walking』の全米公開日は2019年3月1日です。『ハンガー・ゲーム』『ダイバージェント』など、若者向けのSF系YA小説の映画化が得意なライオンズ・ゲートが、「スパイダーマン」「スター・ウォーズ」と、超有名大ヒットシリーズの主演俳優2人が共演する映画をどう仕掛けてくるかも注目です。