Home 海外NEWS テイラー・スウィフト、ジェニファー・ハドソンら豪華キャストで『キャッツ』映画化

テイラー・スウィフト、ジェニファー・ハドソンら豪華キャストで『キャッツ』映画化

テイラー・スウィフト、ジェニファー・ハドソンら豪華キャストで『キャッツ』映画化
0

『キャッツ』がテイラー・スウィフト、ジェニファー・ハドソン、ジェームズ・コーデン、イアン・マッケランという豪華キャストで映画化されます。監督は『レ・ミゼラブル』トム・フーパーです。


「キャッツ」は1981年にイギリスで初演となったミュージカルです。イギリスの詩人T・S・エリオットが書いた様々な猫についての詩を集めた「キャッツーポッサムおじさんの猫とつきあう方法」をもとにしています。多数登場するのは全て猫で一切人間は出てきません。猫たちが都会のゴミ置き場に集まり、歌い踊り、天井に昇ることができる1匹の猫を選ぶ、というのが大筋ですが、お話らしいお話はありません。
その中で歌われる「メモリー」がヒットし、ブロードウェイほか各国でロングラン記録を保持していました。日本では劇団四季によるものが有名です。

映画化の企画開発は『レ・ミゼラブル』のプロデューサーチームによって行われ、2016年からトム・フーパー監督が参加。脚本は『戦火の馬』『トースト ~幸せになるためのレシピ~』『リトル・ダンサー』リー・ホール。

有名ミュージカル「キャッツ」の映画化で、『リリーのすべて』『レ・ミゼラブル』『英国王のスピーチ』などのトム・フーパー監督が手掛けることになりました。「キャッツ」は1981年にイギリスで初演となったミュ...

ジェニファー・ハドソンが「メモリー」を歌うグリザベラ役、テイラー・スウィフトがセクシー猫のボンバルリーナ役、イアン・マッケランは長老猫のオールド・デュトロノミー役をそれぞれ演じる予定です。ジェームズ・コーデンの役は未定です。

撮影は今年秋からイギリスで撮影がスタートします。