Home 海外NEWS 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』世界興収1位スタート。イギリスでは記録的なヒットに

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』世界興収1位スタート。イギリスでは記録的なヒットに

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』世界興収1位スタート。イギリスでは記録的なヒットに
0

日本では10月20日公開『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』がアメリカ、イギリスを含む全世界での公開が開始されました。全米週末興行成績は3位スタート。そしてイギリスを含む24カ国で1位スタート、全世界での週末興行収益1位となり大ヒットスタートとなっています。


『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』アメリカでの週末興行成績は、2927スクリーンで850万ドル(約8.6億円)。
前作『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』のアメリカでの週末興行成績が、530スクリーンで867万ドルでしたから、かなりの落ち込みぶりです。

と一見低調なスタートに見えますが、イギリスの小説が原作の『ブリジット・ジョーンズの日記』は元々過去の2作ともアメリカではさほど高い成績を残していません。全体の興行収益の8割をアメリカ以外で稼いでいる作品です。

今回の『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』もオーストラリア、スペイン、オランダ、南アフリカ、ウクライナなど24カ国で週末興収1位でスタートしました。

特に本国イギリス/アイルランドでは記録的なヒットとなっており、週末興行収益は641スクリーンで811万ポンド(約10.7億円)で、これはイギリス歴代の9月公開映画の過去最高記録です。また企画・製作のワーキング・タイトル・フィルムズが製作した全作品でも最高額の初動を記録しています。

10月29日(土)公開『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の日本語版の最終予告編が公開されました。世界では現地時間9月16日から公開が始まった「ブリジット・ジョーンズ」シリーズ待望の第3...