Home 海外NEWS ロザンナ・アークエット主演、息子の友人と恋に落ちる母親を描く『Born Guilty』

ロザンナ・アークエット主演、息子の友人と恋に落ちる母親を描く『Born Guilty』

ロザンナ・アークエット主演、息子の友人と恋に落ちる母親を描く『Born Guilty』
0

ベテラン女優、ロザンナ・アークエット主演、息子が母親の恋の相手をあてがうものの、2人は真剣に愛し合うようになって…という『Born Guilty』をご紹介。


広告業界に勤めるマーティ(ジェイ・ディヴォア)は、1人、ニューヨークでソーシャルワーカーとしてがんばり続けている母親(ロザンナ・アークエット)を見かねて、オーストラリア人の友人で自由人のロール(デヴィッド・コウシンズ)を恋の相手として雇い、母の恋の相手役として仕向けます。マーティはこのことを同時に広告のネタにしようと考えていたのですが、母と友人はどんどん親密になっていき…というお話です。

共演はキーシャ・シャープ、ザンダー・バークレイ、アンナ・ロア、ジェイ・クレイツほか。
監督・脚本は長編初監督のマックス・ヘラー。

偽りの恋から始まる恋物語、シェイクスピアの「じゃじゃ馬ならし」に、人の恋をおせっかいする、ジェーン・オースティンの「エマ」を混ぜたようなプロットでキューティー映画のプロットとしては王道のもの。ベテラン女優、ロザンナ・アークエットの恋愛ものというのもいいですね。これは期待できそうです。

カメラがとても美しいですね。撮影監督はケネス・スタイプ(Kenneth Stipe)。

全米での劇場公開と配信は2018年5月11日です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です