Home 海外NEWS 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を読んだ60代女性たちを描く『Book Club』北米配給が決定

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を読んだ60代女性たちを描く『Book Club』北米配給が決定

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を読んだ60代女性たちを描く『Book Club』北米配給が決定
0

ダイアン・キートン、ジェーン・フォンダ、キャンディス・バーゲン、メアリー・スティーンバージェンの4人の60代女性たちが、読書会で「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を扱ったことで騒動が巻き起こる騒動を描く『Book Club』の北米配給をパラマウントが担当することになりました。


カリフォルニアで優雅に暮らす4人の60代女性たち(ダイアン・キートン、ジェーン・フォンダ、キャンディス・バーゲン、メアリー・スティーンバージェン)は、毎月行っている読書会で話題の小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を取り上げます。これまで読んだことのないタイプの本にみんな面食らいますが、読んだことがきっかけでそれぞれ人生が変わっていく…というお話です。

共演にアンディ・ガルシア、ドン・ジョンソン、クレイグ・T・ネルソン、リチャード・ドレイファス、エド・ベグリー・Jr、ウォーレス・ショーン。
さらにアリシア・シルバーストーンとケイティ・アセルトンはダイアン・キートンの娘役を、トミー・デューイはケイティ・アセトンの夫役を演じます。

監督・脚本は本作が初監督となる『ロング・トレイル!』脚本のビル・ホルダーマン。共同脚本は女優のエリン・シムズ。

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を読んだ60代女性たちを描く『Book Club』の共演者の集合写真
ダイアン・キートン、ジェーン・フォンダ、キャンディス・バーゲン、メアリー・スティーンバージェンの4人の60代女性たちが、読書会で「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を扱ったことで騒動が巻き起こる『Bo...

本作は独立系として製作されています。そのため配給会社が各国ごとに配給権を購入して公開されることになります。

北米、イギリス、フランスの配給権をパラマウントが獲得しました。『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』シリーズがユニバーサル配給なので、てっきりユニバーサルになると思ったのですが。

現時点では公開時期は未定ですが、2018年公開と思われます。出演者が豪華で大人のコメディ。ぜひ日本でも公開してほしい作品です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です