Home 海外NEWS バービー人形の実写映画化企画『バービー(Barbie)』、主演にアン・ハサウェイか?!

バービー人形の実写映画化企画『バービー(Barbie)』、主演にアン・ハサウェイか?!

バービー人形の実写映画化企画『バービー(Barbie)』、主演にアン・ハサウェイか?!
0

ソニー・ピクチャーズが進めている、バービー人形を題材に実写化する『バービー(Barbie)』は公開日は決定しているものの、主演予定のエイミー・シューマーが降板。主演と監督が不在のままでした。ここにきて主演にアン・ハサウェイが有力となっています。また監督もほぼ決定のようです。


実写版『バービー』は、バービーたちが住むバービー・ランドで体型が金型に合わないおちこぼれバービーが、バービーランドを追い出され、現実世界でさまざまな経験をして内面を成長させた結果、バービー・ランドの危機に舞い戻って活躍するというお話になると言われています。
公開日は2018年6月29日に設定されています。

脚本開発には『ロイヤル・セブンティーン』「セックス・アンド・ザ・シティ」のジェニー・ビックス、『幸せをつかむ歌』『ヤング≒アダルト』ディアブロ・コーディー、『小悪魔はなぜモテる?!』バート・V・ロイヤル、『トランスフォーマー』次回作の脚本チームのリンジー・ビアーと、それぞれキューティー映画が得意な女性脚本家たちが関わり、最終的には「コミ・カレ!!」のヒラリー・ウィンストン、エイミー・シューマーと妹で脚本家のキム・キャラメルがリライトをして、上記のストーリーとなっていました。

しかし、主演のエイミー・シュマーがスケジュールの都合で降板。主演が白紙となりました。

ソニー・ピクチャーズが進めている、バービー人形を題材に実写化する『バービー』から、主演予定だったエイミー・シューマーが降板しました。『バービー』実写版は、バービーたちが住むバービー・ランドで体型が...

そしてアン・ハサウェイの名前が主演候補として出てきました。これは噂レベルではなく、出演作目白押しで多忙な彼女のスケジュール調整がつけば正式発表されます。
それに伴い脚本も、アン・ハサウェイが出演する『オーシャンズ8』のオリビア・ミルチが現在再考中で、『スプラッシュ』『ビッグ』『魔法にかけられて』のテイストが加わると言われています。キューティー映画的にはアン・ハサウェイの年齢を考えると『キューティ・バニー』テイストが入るのではないかと予想するのですが…

監督には8月4日に全米公開される、母親たちの夕食会を巡るドタバタを描くキューティー映画『Fun Mom Dinner』のアリシア・ジョーンズの名前があがっています。彼女の起用はアン・ハサウェイの強い推薦によるものです。

ケイティ・アセルトン、トニ・コレット、モリー・シャノン、ブリジット・エヴェレットの4人が演じる母親たちの夕食会を巡るコメディ映画『Fun Mom Dinner』の予告編が公開されました。『Fun Mom Dinner』は、4人...

正直言って、エイミー・シューマーからアン・ハサウェイになって良かったです。バービーの実写化にエイミー・シュマーでは世界的に売れません(彼女の人気はアメリカの一部です)。また彼女が描こうとした多様性も、バービーの実写化で描くべきかというとちょっと違う。

そういう意味ではキューティー映画のアイコン的存在であり、キューティー映画主演でいくつも世界的なヒット作を持つアン・ハサウェイの登用は『バービー』にとっては正しいです。
映画もみんなが見たいバービー人形の実写化であることを期待します。