Home 海外NEWS 全米週末興行成績で『Bad Moms』が好スタート!

全米週末興行成績で『Bad Moms』が好スタート!

全米週末興行成績で『Bad Moms』が好スタート!
0

ミラ・クニス、クリステン・ベル、クリスティナ・アップルゲイトらが共演の、子育てに疲れたママたちが大騒ぎするキューティー映画『Bad Moms』が先週末に全米で公開され、好スタートを切りました。


『Bad Moms』は良妻賢母をこなしてストレスが溜まっていたヒロインのママ(ミラ・クニス)が、ママ友(クリステン・ベル、キャスリン・ハーン)らと一緒にどんちゃん騒ぎをし、さらにPTAを支配するセレブママ(クリスティナ・アップルゲイト)率いるママたち(ジェイダ・ピンケット=スミス、アニー・マモロ)と敵対することになる…というお話です。

『ハングオーバー』シリーズのスタッフによる作品で、ママ版『ハングオーバー』という感じです。

ミラ・クニス、クリステン・ベル、クリスティナ・アップルゲイト共演の、子育てに疲れたママたちが大騒ぎするキューティー映画『Bad Moms』の予告編第2弾が公開されました。『Bad Moms』は良妻賢母をこなしてスト...

『Bad Moms』は全米3215スクリーンで公開され、週末の興行収益は23.4億円。全米興行成績3位スタートです。
さらに今年公開されたR指定映画では『ネイバーズ2』を抜いて5位になっています。(1位は『デッドプール』)

製作費は20億円ですから、週末で製作費を回収しました。今後世界興行を含めて100億が目標となります。

『Bad Moms』の客層は80%以(!)が女性で、そのうち約半数近い48%が34歳以上ということですから、映画の内容にあったお母さんたちに受けているようですね。

これは続編の企画開発が早々に始まりそうです。