Home 海外NEWS エイミー・アダムスがジャニス・ジョプリンに!伝記映画の企画が始動

エイミー・アダムスがジャニス・ジョプリンに!伝記映画の企画が始動

エイミー・アダムスがジャニス・ジョプリンに!伝記映画の企画が始動
0

1970年に27歳の若さで亡くなった伝説的な女性ロック歌手、ジャニス・ジョプリンの伝記映画で、エイミー・アダムスがジャニスを演じます。監督は『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレです。


60年代~70年代頭のロックの代名詞の1つともいえるジャニス・ジョプリン。彼女の歌はベトナム戦争映画でよくかかります。
代表曲は色々ありますが、誰もが耳にしたことがあるのはCMでも使われたりしたこの曲「Move Over」でしょうか?

このライブ映像は1970年、彼女が27歳の時のものですが、この年に彼女はドラッグのオーバードーズで亡くなります。
彼女は生前、酒とドラッグに溺れていました。まさに時代を象徴する人でした。

ジャニスの伝記映画はこれまで『プレシャス』『大統領の執事の涙』などのリー・ダニエルズ監督、『ナイロビの蜂』『ブラインドネス』のフェルナンド・メイレレス監督、『トワイライト』『赤ずきん』のキャサリン・ハードウィック監督など、さまざまな監督が企画しますが実現には至りませんでした。

今回監督に決定したジャン=マルク・ヴァレは、もうすぐ全米公開が控えているリース・ウィザースプーン主演の実話を元にした『Wild』のあと、ナオミ・ワッツとジェイク・グレンホール共演のキューティー映画『Demolition』を2015年に公開します。本作の撮影は2015年夏以降になりそうです。

ジャン=マルク・ヴァレが監督になったことで、現在用意されている脚本は『ダラスバイヤーズ・クラブ』のクレイグ・ボーテン&メリッサ・ウォーラック脚本コンビがリライトします。

エイミー・アダムスは現在40歳。27歳までのジャニスをどう演じるかだけではなく、彼女の歌いっぷりをどこまで再現出来るのか気になるところです。ちなみに、エイミーの前にはレニー・ゼルウィガーの名前もあがっていました。

ジャニス・ジョプリンの生涯を描いたといえば、1979年に公開されたペット・ミドラー主演『ローズ』が有名です。しかしこの映画はジャニスの生涯をモデルにした「ローズ」という女性歌手の物語ですから、伝記ではありません。

ローズ [DVD]

ローズ [DVD] [DVD]

価格¥ 1,024

監督マーク・ライデル

出演者ベット・ミドラー, アラン・ベイツ, フレデリック・フォレスト

出版社20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン

商品カテゴリーDVD


(高畑勲監督のジブリアニメ『おもひでぽろぽろ』のエンディングで都はるみが歌っていた「愛は花、君はその種子」は「ローズ」に高畑監督が訳詞を付けたものです)

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です