Home 海外NEWS 第90回アカデミー賞ノミネート全リスト

第90回アカデミー賞ノミネート全リスト

第90回アカデミー賞ノミネート全リスト
0

第90回アカデミー賞のノミネート作品が発表されました。全ノミネートリストから、キューティー映画の視点で解説してみます。


アカデミー賞授賞式は、現地時間3月4日(日本では5日午前10時頃)、昨年に続いてジミー・キンメルの司会で行われます。

今年のアカデミー賞は色々と気を使った選定になると思われていましたが、その通りとなりました。
ほぼ下馬評通りの結果で、さほど意外性はありませんでした。『シェイプ・オブ・ウォーター』が13部門で最多ノミネートです。
主演女優賞でサリー・ホーキンスに取ってもらいたいところです。

一方で『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』マーゴット・ロビーも、とうとうアカデミーノミネートまで登りつめました。最初の主演ドラマ「PAN AM/パンナム」が打ち切りだったことを考えると、よくぞここまでという感じですから、彼女にも受賞してほしいです。下馬評では『レディ・バード』のシアーシャ・ローナンが有力ですが。
そしてこの2人が共演する、スコットランド女王メアリー1世を描く『Mary, Queen of Scots』に俄然注目が集まると思います。

シアーシャ・ローナン(『ブルックリン』)とマーゴット・ロビー(『スーサイド・スクワッド』)共演、スコットランド女王メアリー1世を描く『Mary, Queen of Scots』に、ガイ・ピアース、デヴィッド・テナントが...

撮影賞の『マッドバウンド 哀しき友情』のレイチェル・モリソンは、女性の撮影監督としては初のノミネートとなりました。彼女は『チョコレートドーナツ』『Cake ケーキ ~悲しみが通り過ぎるまで~』などでも撮影を担当していました。

アニメーション映画賞に、アンジェリーナ・ジョリーが製作総指揮で参加した、タリバン政権下のアフガニスタンで家族の生活のために男装して外出する少女を描く『The Breadwinner』がノミネートされました。ぜひとも受賞してほしい作品です。

アンジェリーナ・ジョリーが製作総指揮を務める、タリバン政権下のアフガニスタンで、家族の生活のために男装して外出する少女を描くアニメーション映画『The Breadwinner(原作邦題:生きのびるために)』の新た...

主題歌賞は、他とは違い歌の評価なのでキューティー映画の主題歌がひょっこり選ばれたりするのですが、今年はここも手堅い作品で占められています。
『フィフティ・シェイズ・ダーカー』のテイラー・スウィフト&ゼインの「I Don’t Wanna Live Forever」は入るかな、と思ったりもしたのですがダメでしたね。『フィフティ・シェイズ・ダーカー』自体はラジー賞で最多ノミネートですから、こちらでがんばってもらいましょう!

『ワンダーウーマン』のノミネートが1つもないのが意外でした。てっきりアクション・SF映画がノミネートされやすい音響効果賞や録音賞あたりにノミネートされると思っていたのですが…

第90回アカデミー賞ノミネート全リスト

作品賞

『君の名前で僕を呼んで』
『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
『ダンケルク』
『ゲット・アウト』
『レディ・バード』
『ファントム・スレッド』
『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『スリー・ビルボード』

監督賞

クリストファー・ノーラン『ダンケルク』
ジョーダン・ピール『ゲット・アウト』
グレタ・ガーウィグ『レディ・バード』
ポール・トーマス・アンダーソン『ファントム・スレッド』
ギレルモ・デル・トロ『シェイプ・オブ・ウォーター』

主演男優賞

ティモシー・シャラメ『君の名前で僕を呼んで』
ダニエル・デイ=ルイス『ファントム・スレッド』
ダニエル・カルーヤ『ゲット・アウト』
ゲイリー・オールドマン『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
デンゼル・ワシントン『Roman J. Israel, Esq』

主演女優賞

サリー・ホーキンス『シェイプ・オブ・ウォーター』
フランシス・マクドーマンド『スリー・ビルボード』
マーゴット・ロビー『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
シアーシャ・ローナン『レディ・バード』
メリル・ストリープ『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』

助演男優賞

ウィレム・デフォー『The Florida Project』
ウッディ・ハレルソン『スリー・ビルボード』
リチャード・ジェンキンス『シェイプ・オブ・ウォーター』
クリストファー・プラマー『All the Money in the World』
サム・ロックウェル『スリー・ビルボード』

助演女優賞

メアリー・J・ブライジ『マッドバウンド 哀しき友情』
アリソン・ジャネイ『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
レスリー・マンヴィル『ファントム・スレッド』
ローリー・メトカーフ『レディ・バード』
オクタヴィア・スペンサー『シェイプ・オブ・ウォーター』

脚本賞

エミリー・V・ゴードン&クメイル・ナンジアニ『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』
ジョーダン・ピール『ゲット・アウト』
グレタ・ガーウィグ『レディ・バード』
ギレルモ・デル・トロ&ヴァネッサ・テイラー『シェイプ・オブ・ウォーター』
マーティン・マクドナー『スリー・ビルボード』

脚色賞

ジェームズ・アイヴォリー『君の名前で僕を呼んで』
スコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバー『The Disaster Artist』
マイケル・グリーン&スコット・フランク &ジェームズ・マンゴールド『LOGAN/ローガン』
アーロン・ソーキン『モリーズ・ゲーム』
ヴァージル・ウィリアムズ&ディー・リース『マッドバウンド 哀しき友情』

アニメーション映画賞

『ボス・ベイビー』
『The Breadwinner』
『リメンバー・ミー』
『Ferdinand』
『ゴッホ 最期の手紙』

ドキュメンタリー映画賞

『Abacus: Small Enough to Jail』
『Faces Places』
『イカロス』
『アレッポ 最後の男たち』
『Strong Island』

撮影賞

『ブレードランナー 2049』
『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
『ダンケルク』
『マッドバウンド 哀しき友情』
『シェイプ・オブ・ウォーター』

編集賞

『ベイビー・ドライバー』
『ダンケルク』
『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『スリー・ビルボード』

美術賞

『美女と野獣』
『ブレードランナー 2049』
『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
『ダンケルク』
『シェイプ・オブ・ウォーター』

衣装デザイン賞

『美女と野獣』
『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
『ファントム・スレッド』
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『Victoria & Abdul』

メイキャップ&ヘアスタイリング賞

『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
『Victoria & Abdul』
『ワンダー』

視覚効果賞

『ブレードランナー 2049』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
『キングコング 髑髏島の巨神』
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』

音響効果賞

『ベイビー・ドライバー』
『ブレードランナー 2049』
『ダンケルク』
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

録音賞

『ベイビー・ドライバー』
『ブレードランナー 2049』
『ダンケルク』
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

作曲賞

『ダンケルク』
『ファントム・スレッド』
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
『スリー・ビルボード』

主題歌賞

「Mighty River」『マッドバウンド 哀しき友情』
「The Mystery of Love」『君の名前で僕を呼んで』
「Remember Me」『リメンバー・ミー』
「Stand Up for Something」『Marshall』
「This Is Me」『グレイテスト・ショーマン』

外国語映画賞

『ナチュラルウーマン』(チリ)
『The Insult』(レバノン)
『ラブレス』(ロシア)
『心と体と』(ハンガリー)
『ザ・スクエア 思いやりの聖域』(スウェーデン)

ドキュメンタリー映画賞(短編)

『Edith+Eddie』
『Heaven Is a Traffic Jam on the 405』
『Heroin(e)』
『Knife Skills』
『Traffic Stop』

短編映画賞(実写)

『DeKalb Elementary』
『The Eleven O’Clock』
『My Nephew Emmett』
『The Silent Child』
『Watu Wote / All of us』

短編映画賞(アニメーション)

『Dear Basketball』
『ガーデンパーティー』
『Lou』
『Negative Space』
『Revolting Rhymes』