Home movie

屋根裏部屋のマリアたち

Les Femmes du 6e etage

1962年パリ。資産家ジャン=ルイ(ファブリス・ルキーニ)は妻のシュザンヌ(サンドリーヌ・キベルラン)が老メイドをクビにしたため、新たに若いスペイン人メイドのマリア(ナタリア・ベルベケ)を雇う。このアパートのメイド達は劣悪な環境の屋根裏部屋に住んでいたが、みんな明るく個性的。マリアを通じてスペイン人メイド達と仲良くなったジャン=ルイは、彼女たちと交流することで充実した日々を送るようになる…

やさしい嘘

Depuis Qu'Otar Est Parti...

グルジアで一緒に暮らす老婆エカ(エステル・ゴランタン)と娘のマリーナ(ニノ・ホマスリゼ)、孫娘アダ(ディナーラ・ドルカーロワ)。エカの楽しみはパリにいる息子オタールからの手紙。フランス語の得意なアダがいつも手紙をエカに読んであげていた。しかしある日、オタールの訃報がパリから届く。マリーナとアダはおばあちゃんを悲しませないため、訃報を知らせずオタールのふりをして手紙を書き続けることにする…

ヤング≒アダルト

Young Adult

バツイチ37歳のメイビス(シャーリーズ・セロン)は少女向け人気シリーズ小説の雇われライターをやりながら自堕落な生活をしていた。ある日、高校時代の彼氏バディ(パトリック・ウィルソン)から子どもの誕生会のお知らせが届く。メイビスはそれをきっかけに故郷に戻ることに。夜、地元の酒場で高校時代同級生だったというさえない男マット(パットン・オズワルト)と出会う。メイビスは酔って故郷に戻った理由を彼に話すが…

夢見る頃を過ぎても

Uuconditional Love

グレイス(キャシー・ベイツ)は歌手のビクター・フォックス(ジョナサン・プライス)に夢中。そのビクターが何者かに殺されてしまう。長年連れ添った夫(ダン・エイクロイド)に熟年離婚を言い渡されるが、グレイスはビクターの葬儀に参列するため英国へと旅立つ。英国でグレイスはビクターの10年来のボーイフレンド、ダーク(ルパート・エヴェレット)と親しくなり、一緒にビクター殺しの犯人を探しだすためにアメリカへ戻る…

ユー・ガット・メール

You've Got Mail

ニューヨークで母の代から続く小さな絵本屋を経営しているキャスリーン(メグ・ライアン)は「Shopgirl」というHNで見ず知らずの「NY152」とメールのやり取りに夢中。そんなとき絵本屋の近くに大型チェーン書店が開店。絵本屋は経営危機に陥る。キャスリーンと書店のオーナーの息子でやり手のジョー(トム・ハンクス)は商売敵として犬猿の仲に。しかしジョーこそが「NY152」だった。2人は互いの正体を知らないままネットではお互いを励まし助けあう…