Home movie

ティーン・ビーチ2

Teen Beach 2

夏休みに60年代ビーチ・ミュージカル映画の世界に迷い込む経験をしたブレイディ(ロス・リンチ)とマッケンジー(マイア・ミッチェル)。新学期を迎えた2人は互いに目指す夢が違うことでケンカ中。そんな時、今度は映画の世界に疑問を感じたレイラ(グレイス・フィップス)とタナー(ギャレット・クレイトン)が現実世界に。ブレイディとマッケンジーは彼らを映画の世界に帰そうとする。一方映画の世界では人々が消滅していた…

天使とデート

Date With An Angel

社長令嬢パティ(フィビー・ケイツ)との結婚間近のジム(マイケル・E・ナイト)のもとに、羽を傷つけた美しい天使(エマニュエル・ベアール)が落ちてきた。言葉の話せない天使を介抱し世話をするジムだったが、恋人と勘違いしたパティの嫉妬や、天使をTVに売りつけ金儲けをたくらむ悪友たちによる誘拐騒ぎ、会社の商品モデルに天使を使おうとするパティの父親の脅迫などに巻き込まれ、天使とともに逃げ回るはめに…

タイニー・ラブ

Tiptoes

新進女流画家のキャロル(ケイト・ベッキンセイル)は妊娠したことを彼氏のスティーブン(マシュー・マコノヒー)に伝えたがなぜか喜んでくれない。スティーブンの一家は彼以外は小人症だった。生まれてくる子供も小人 症ではないのかと心配になるキャロルに、スティーブンの兄ロルフ(ゲイリー・オールドマン)が色々相談に乗ってくれる。前向きで明るく生きるロルフや親戚たちに惹かれたキャロルは、出産を決意する…

ダイアナ

Diana

1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)がチャールズ皇太子と別居して3年が経っていた。ある日、心臓外科医のハスナット(ナヴィーン・アンドリュース)と出会い、彼の実直で優しい人柄に心惹かれていく。1年後、離婚したダイアナは地雷廃絶運動などで世界を飛び回り、ハスナットとの恋も育んでいた。しかしマスコミは彼女を追い回しゴシップ誌に書きたてる。周囲からも交際を反対され、彼女は別の男性と付き合いはじめる…

ダブル・ブロンド

Blonde And Blonder

ディー(パメラ・アンダーソン)とドーン(デニス・リチャ―ズ)は共に安っぽいショーパブで働きながら夢を追い求めていた。ある日2人はダンスのオーディションに出掛けたのだが、偶然その店のオーナーが殺害されるのを目撃してしまう。慌てた2人は裏口から逃げ出すがオーナーを殺したスゴ腕の女殺し屋から追われるハメに。さらに事件の首謀者と勘違いされ、マフィアや警察からも追われるハメに。彼女たちの逃亡劇がはじまった…

食べて、祈って、恋をして

Eat, Pray, Love

ニューヨークでジャーナリストとして活躍するエリザベス(ジュリア・ロバーツ)は全てが順調で、人生が順風蔓延に見えたが、どこか満たされない気持ちがあったため、思いって離婚。その後年下の男性と恋をするも破局。自分の恋愛依存体質を治し、全てをリセットするため1年間の旅に出る。イタリアではひたすら食の快楽を追求し、インドではヨガと瞑想に励む。そして最後に訪れたバリ島では人生を大きく変える出会いが待っていた…

ティーン・ビーチ・ムービー

Teen Beach Movie

サーフィンが大好きなマッケンジー(マイア・ミッチェル)は大学進学で故郷を離れるため、古いビーチ・ミュージカル映画が大好きなボーイフレンドのブレイディ(ロス・リンチ)に別れ話を告げる。最後の日、マッケンジーは伝説のサーフボードを持って海に出るが、そこでブレイディと共に大波に飲まれてしまう。2人がたどり着いた浜は、なんと60年代のビーチ・ミュージカル映画の世界だった…

タイピスト!

Populaire

1958年フランス。都会に憧れて田舎から秘書になるため出てきたローズ(デボラ・フランソワ)はタイプの早打ちの才能を社長のルイ(ロマン・ディリス)に見いだされ、タイプの早打ち選手権に出場し優勝を目指すことになる。ルイの自宅に住み込み、自己流のタイピングを基礎から叩き直される。ローズはめきめきと頭角を現し地方大会は優勝。全仏大会に。やがて2人の間には恋愛感情が生まれるがルイの態度は曖昧なままだった…

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2

The Twilight Saga: Breaking Dawn Part.2

出産時にヴァンパイアに転生したベラ(クリステン・スチュワート)。エドワード(ロバート・パティンソン)との子レネズミ(マッケンジー・フォイ)はジェイコブ(テイラー・ロートナー)にとって運命の相手「刻印」だった。新たな生活が始まろうとしていた時、レネズミの存在を知ったヴァンパイア王族のヴォルトゥーリは、ヴァンパイアを滅ぼすといわれる伝説の存在「不滅の子」であると考え、カレン一家もろとも殲滅に乗り出す…

テイク・ディス・ワルツ

Take This Waltz

フリーランスのライター、マーゴ(ミシェル・ウィリアムズ)は、同じくライターの優しい夫、ルー(セス・ローゲン)と結婚5年目。子どものいない2人は今でも恋人同士のような雰囲気だが、マーゴの心には何かしらの物足りなさが募っていた。ある日マーゴは取材先の島で知り合ったダニエル(ルーク・カービー)という青年に惹かれてしまう。しかも偶然にもダニエルは向かいの住人だった。マーゴの心は静かに激しく揺れ動いていく…