Home movie

25年目のキス

Never Been Kissed

25歳になるジョシー(ドリュー・バリモア)は新聞社に勤めるコピーエディター。記者として記事を書くことを夢見ていた。ある日ジョシーは高校生として高校に潜入し、今どきのティーンの実態をルポすることになる。転校生として学校に潜入するものの、元いじめられっ子のせいでなかなか溶け込めないジョシー。さらに編集長から「もっと今どきの子のことを記事にしろ!」と怒られ、恐る恐る学園の人気者達に近づいていく破目になる…

Go! Go! チアーズ

But I'm A Cheerleader

メーガン(ナターシャ・リオン)は学園の花形チアリーダー。彼氏もいるけどなんとなくシックリこない。ある日、娘がレズでは?と心配した両親はメーガンを同性愛リハビリキャンプに参加させる。キャンプは一癖あるゲイとレズだらけ。そこでメーガンは矯正するどころか逆に自分が同性愛者であることを自覚していき、同室のグラハム(クレア・デュバル)に強く惹かれていく…

2番目のキス

Fever Pitch

中学校教師のベン(ジミー・フェロン)はキャリアウーマンのリンジー(ドリュー・バリモア)と恋に落ちる。いつも優しいベンだったが熱狂的なレッドソックスのファンだった。レッドソックスに対してあまりに熱狂的なベンに驚くリンジーだったが、彼を理解しようと一緒に野球の試合を見たり努力する。しかし、2人の生活があまりにレッドソックス中心なのに業を煮やしたリンジーはとうとうベンに別れを申し出る…

10日間で男を上手にフル方法

How To Lose A Guy In 10 Days

女性誌ライター、アンディ(ケイト・ハドソン)は男に振られた友人の話から『男と別れたい女性のための10日間で男にフラれる方法』という企画を思いつく。編集長命令で実体験して記事にすることになる。その頃広告マンのベン(マシュー・マコノヒー)は「10日間で恋人を作ったら仕事を任せる」という賭けを提案される。そんな2人が出会った。男に嫌われる女を演じるアンディ。ベンはとにかく10日間耐えようと努力するが…

17歳の肖像

An Education

1961年。ジェニー(キャリー・マリガン)はロンドン郊外の学校に通うチェロを弾きフランスに憧れ恋を夢見る16歳の少女。優等生の彼女は両親からはオックスフォード大学に進学することを期待されていた。ある雨の日、偶然デイヴィッド(ピーター・サースガード)という大人の男性に出会ったのをきっかけに、彼の仲間、彼の世界、とジェニーは刺激的な大人の世界を知り、いつしか真剣にデイヴィッドに惹かれていく…

39歳からの女性がモテる理由

Flirting With Forty

シングルマザーとして2人の子供を持つ39歳のジャッキー(ヘザー・ロックリア)。クリスマス休暇、子供たちは元夫のところにいくことになっていて、彼女は1人で過ごすことになっていた。そんな彼女を友達が見かねて誕生プレゼント代わりにハワイ行きのチケットをプレゼント。渋々出かける彼女だったが、そこで若いサーファーのカイル(ロバート・バックリー)と出会い、彼女は離婚以来、久々の恋の予感を覚える…

50回目のファースト・キス

50 First Dates

ハワイで獣医として働くヘンリー(アダム・サンドラー)は、ある日ルーシー(ドリュー・バリモア)と出会う。翌日また彼女に会うがルーシーはヘンリーを覚えていない。ルーシーは1晩で前日の記憶を全てなくしてしまう短期記憶喪失障害だった。家族や周囲はルーシーに気付かせまいと毎日同じ1日を演じていたのだ。ルーシーに恋したヘンリーだが想いを積み重ねていけない。そしてとうとうルーシーは自分の秘密を知ってしまう…