Home 国内NEWS 10/6公開『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』10/5〜「フェルメール展」とタイアップ

10/6公開『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』10/5〜「フェルメール展」とタイアップ

10/6公開『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』10/5〜「フェルメール展」とタイアップ
0

アリシア・ヴィキャンデル、クリストフ・ヴァルツ、デイン・デハーン共演、”絵画”と”チューリップ”への投資が盛んだった17世紀オランダを舞台に若い妻と年の離れた裕福な夫、新鋭の画家の関係を描く『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』が10月6日(土)より公開となりますが、10月5日(金)から上野の森美術館で開催される「フェルメール展」とのタイアップが決定いたしました。


『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』は、「フェルメールの絵画の世界を小説にしたい」という原作者の思いから生まれたベストセラー小説を『ブーリン家の姉妹』のチャドウィック監督と『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー賞を受賞したトム・ストッパードの脚本により映画化。

アメリカ他、海外ではワインスタイン・カンパニーによって上映を長く塩漬けされたこともあり、興行は大失敗に終わっています。
また本作はカーラ・デルヴィーニュの映画初出演作なのですが、後にハーヴェイ・ワインスタインからセクハラを受けたと告白したのが本作企画時のことでした。本国版予告編の最初のバージョンでは、ちょい役のはずのカーラ・デルヴィーニュが映画初出演だとしても不自然にプッシュされていました。(カーラの告白後そのバージョンは見れなくなっています。)
そんな風に本作は本国では散々でした。今回のように「フェルメール展」とタイアップする日本公開とは雲泥の差です。

オランダ絵画黄金時代の巨匠ヨハネス・フェルメール(1632-75)は、国内外で不動の人気を誇り、現存作はわずか35点ともいわれており、今回はそのうち日本初公開を含む8点が東京に集結。日本美術展史上最大のフェルメール展となります。

今回日本にやってくる「手紙を書く婦人と召使い」「恋文」のように、フェルメール絵画を読み解くうえでのキーワードのひとつに、”女主人と女中”が挙げられます。「手紙を書く女と召使い」では、床には手紙と封蠟が落ちており、一心不乱に手紙を書く女のそばで待つ召使(女中)の表情には何か含むところがあるようで、物語の予感を誘います。
『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』においても、主人公・ソフィア(アリシア・ヴィキャンデル)と女中・マリア(ホリデイ・グレンジャー)が、共犯関係とも言えるような主従関係を繰り広げ、物語をドラマティックな展開へと導きます。

フェルメールは今でこそ人気画家ですが、作品数は極端に少なく、今なお謎めいた画家のままで作品を通してしか触れることはできません。しかし、本作はフェルメールの生きた時代を描き、そしてフェルメール世界へのオマージュに満ちています。
女主人と女中の密やかな共犯関係をはじめ、鮮やかなフェルメール・ブルーのドレス、薄暗い室内に差し込む光…。
本作を観ることで、より深くフェルメールの世界へ入り込むことができるはずです。

日本美術展史上最大の「フェルメール展」開催!

17世紀オランダ絵画黄金時代の巨匠ヨハネス・フェルメール(1632-75)。世界屈指の人気を誇り、ミステリアスな緊張感をたたえた静謐な空間、光の粒子までをも捉えた独特な質感を特徴とし、「光の魔術師」と称されることもあります。寡作の画家として知られ、現存する作品はわずか35点とも言われています。
今回は、代表作「牛乳を注ぐ女」をはじめとした8点(下記に記載の作品)までもが東京に集結する、日本美術展史上最大の「フェルメール展」です。

開催概要

会期:10月5日(金)~2019年2月3日(日)
日時指定入場制 
会場:上野の森美術館
公式HP:www.vermeer.jp/

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

ストーリー

舞台は、スペインから独立し「黄金時代」と呼ばれた17世紀オランダ。人々は、投資や収集に熱をあげており、なかでも”絵画”と”チューリップ”が2大ブームだったという。希少な品種の球根1個が邸宅1軒分に相当し、世界最古の経済バブルとして知られる「チューリップ・バブル」がピークを迎えていた。
 親子のように年の離れた、裕福なコルネリスと結婚したソフィア。二人の間に燃えるような愛はなかったが、孤児となり修道院で育った彼女にとって、それは初めて味わう豊かで安定した暮らしだった。夫は優しく特に不満もなかったが、彼が切望する跡継ぎができないことが、唯一の悩みだった。そんななか、夫が夫婦の肖像画を、無名の画家のヤンに依頼する。キャンバス越しに見つめ合うヤンとソフィアが、恋におちるのに時間はかからなかった。若く情熱的な画家と、許されない愛を貫きたいと願ったソフィアは、ある計画を思いつく。しかし、ヤンが二人の未来のために、希少なチューリップの球根に全財産を投資したことから、思わぬ運命が立ちはだかる──。

スタッフ&キャスト

監督:ジャスティン・チャドウィック「ブーリン家の姉妹」
原作:デボラ・モガー「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」「プライドと偏見」
脚本:デボラ・モガー、トム・ストッパード「恋に落ちたシェイクスピア」
出演:アリシア・ヴィキャンデル デイン・デハーン ジュディ・デンチ クリストフ・ヴァルツ
© 2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
提供:ファントム・フィルム、ハピネット
配給:ファントム・フィルム(2017年/アメリカ、イギリス)

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.