Home 国内NEWS 1/8(金)公開、ミシェル・ウィリアムズ主演『フランス組曲』特別映像公開

1/8(金)公開、ミシェル・ウィリアムズ主演『フランス組曲』特別映像公開

1/8(金)公開、ミシェル・ウィリアムズ主演『フランス組曲』特別映像公開
0

suite-francaise-sp-movie_00アウシュヴィッツで生涯を閉じた女性作家、奇跡の遺稿映画化

ミシェル・ウィリアムズ&マティアス・スーナールツ出演最新作『フランス組曲』キャスト・監督が語る特別映像公開

2016年1月8日(金)に公開される『フランス組曲』は『マリリン 7日間の恋』ミシェル・ウィリアムズが主演の、第2次世界大戦のドイツ占領下のフランスを舞台に、フランス人女性とドイツ将校との恋の物語です。その特別映像が公開されました。


本作は、アウシュヴィッツで命を奪われたユダヤ人女性作家イレーヌ・ネミロフスキーが、娘に託したトランクに60年以上眠っていた未完の小説「フランス組曲」を原作に、第二次大戦中ドイツ占領下フランスの田舎町で、ピアノの音色が結びつけたフランス人女性とドイツ将校との恋を中心に、過酷な状況下で懸命に生きる人々の姿を描いた愛の物語です。

フランス組曲

フランス組曲書籍

作者イレーヌ ネミロフスキー

クリエーター野崎 歓, 平岡 敦

発行白水社

発売日12.10.25

カテゴリー単行本

ページ数566

ISBN4560082456

Supported by amazon Product Advertising API


“ナチス”、“ユダヤ”という言葉を一度も使用せず、敵味方を超え1人の人間として占領下を生きる個の姿を描き、ヒーローではなく、当時を生きた原作者にしか描けなかった“普通の人々”の目線で綴られ未完に終わった物語は、まるで1940年の当時の人々の姿をのぞき見するかのような細かな演出と、ミシェル・ウィリアムズ、マティアス・スーナールツ、クリスティン・スコット・トーマス、サム・ライリー、マーゴット・ロビー、トム・シリングら豪華俳優陣の抑えた演技と力強い存在感により、見応えある映画として現代に甦りました。

今回の特別映像には主人公の厳格な義母を演じたクリスティン・スコット・トーマスらのインタビューに加え、占領下を生きる人々を描いた原作にも通じる象徴的な本編シーンがふんだんに盛り込まれています。
[embed_youtube id=’kIXh8PjKMTM’ width=’420′ height=’345′]

フランス組曲

suite-francaise-sp-movie_01

ストーリー

1940 年、ドイツ占領下フランスの田舎町。戦地に赴いた夫を待つ美しい妻リュシルと厳格な義母の暮らす屋敷へドイツ軍中尉ブルーノがやってくる。緊迫した占領下の生活の中で、音楽への愛を共有する2人は、いつしか互いの存在だけが心のよりどころになっていくー。
それは同時に、狭い世界に生きる従順な女性だったリュシルが、より広い世界へと目を向ける転機にもなっていくのだった。

スタッフ&キャスト

監督・脚本:ソウル・ディブ『ある公爵夫人の生涯』
出演:ミシェル・ウィリアムズ『マリリン 7日間の恋』、クリスティン・スコット・トーマス『イングリッシュ・ペイシェント』、マティア
ス・スーナールツ『君と歩く世界』、サム・ライリー『オン・ザ・ロード』、マーゴット・ロビー『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

© 2014 SUITE DISTRIBUTION LIMITED 提供:KADOKAWA、ロングライド 配給:ロングライド
www.francekumikyoku.com

2016年1月8日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です