Home 国内NEWS 『SING/シング』日本での興行収入51億円突破!

『SING/シング』日本での興行収入51億円突破!

『SING/シング』日本での興行収入51億円突破!
0

3月17日から公開され、未だ公開中の『SING/シング』の日本での興行収入51億円突破しました。『ペット』『ミニオンズ』など歴代イルミネーション作品での最高興行収益になることは確実です。


フランク・シナトラ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガなどヒットソングや名曲が60曲以上も使用された、子供も大人も楽しめる音楽アニメ映画です。字幕版ではマシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、トリー・ケリーといった豪華スターが歌声を披露していることが話題となり、早くも続編の製作が決定しています。

日本でも3月17日から公開されロングランヒット。これまでディズニー/ピクサー作品以外のハリウッド・アニメ作品では『ミニオンズ』のみが達成していた興収50億円を突破。
ついに、観客動員数:418万人、興行収入51億突破し、歴代イルミネーション作品の最高興収の新記録樹立が確実となりました。

全編吹替え版の制作が許された日本では、吹替版が大ヒットを後押しし、6月10日(土)からは、3月8日(水)にジャパンプレミアにて行われた豪華吹替えキャスト陣によるスペシャルライブの映像付き上映が順次公開され、さらなる動員に貢献しています。

当サイトでは、世界で初めて本編登場順に原曲を紹介し、日本で最も正確な情報を掲載していてます。
そのページは未だに高いアクセス数なので、『SING/シング』の人気の高さを実感すると共に、『SING/シング』をきっかけに洋楽に興味を持ったり、名曲に触れる機会が増えてうれしい限りです。

『SING/シング』の劇中で使われている曲のオリジナルを集めてみました。ストーリーの順序に沿って楽曲を紹介していきます。なので軽くネタバレしています。すでにネット上にあふれている『SING/シング』の楽曲...

SING/シング

スタッフ&キャスト

監督/脚本:ガース・ジェニングス(『リトル・ランボー』)
出演:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー他
吹替え版/演出:三間雅文
日本語吹替え版音楽プロデューサー:蔦谷好位置 日本語歌詞監修:いしわたり淳治
出演(吹替版):内村光良、MISIA,長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央
配給:東宝東和
公式サイト:http://sing-movie.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/sing.movie.jp/
公式Twitter: https://twitter.com/SingMovieJP 
(C)Universal Studios.