Home 国内NEWS 10/24公開ジュリエット・ビノシュ、クリステン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツ競演 『アクトレス ~女たちの舞台~』への絶賛コメント

10/24公開ジュリエット・ビノシュ、クリステン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツ競演 『アクトレス ~女たちの舞台~』への絶賛コメント

10/24公開ジュリエット・ビノシュ、クリステン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツ競演 『アクトレス ~女たちの舞台~』への絶賛コメント
0

sils-maria-comments_002015年セザール賞最優秀助演女優賞受賞

ジュリエット・ビノシュ主演、クリステン・スチュワート&クロエ・グレース・モレッツ競演
『アクトレス ~女たちの舞台~』に各界で活躍する女性たちから絶賛コメント

今年のフランス映画祭で上映された、ジュリエット・ビノシュが主演、クリスティン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツとアメリカの若手人気女優競演の『アクトレス ~女たちの舞台~』がいよいよ10月24日より公開となります。日本の女優、モデルなど各分野で活躍中の女性たちからコメントが届いています。


大女優マリアは名声を手に入れ順風蔓延のキャリアだった。そんな彼女のもとに、マリアが有名になるきっかけとなった舞台が、今どきの若手人気ハリウッド女優主演で再演されることになり、今度は中年の上司役がオファーされる…

一世を風靡した大女優マリアを演じた主演のジュリエット・ビノシュ、彼女の良き理解者である若手マネージャー役を演じたのはアメリカ人として初めてフランスのセザール賞“助演女優賞”を受賞したクリステン・スチュワート。そしてマリアが自分と向き合うきっかけとなる、スキャンダルまみれのお騒がせ若手ハリウッド女優を演じたクロエ・グレース・モレッツ。

この映画は日本の著名人の方々からも注目を浴びており、世代を超えた各界の女性から絶賛のコメントが届いています。

中谷美紀(女優)

「古い器のように年輪を重ねてこそ味わい深くなる円熟した女優も、圧倒的な若さと無邪気さには敵わない。役を見出す産みの苦しみ、そして老いと向き合い、受け入れていくこと。ジュリエット・ビノシュが、彼女の人生そのものを演じているかのようなこの作品に、心動かされました。」

風吹ジュン(女優)

「切れても消えても見事なクリステン…強かで瑞々しいクロエ…それでもビノシュは魅力的!」

高橋ひとみ(女優)

「大女優になってしまったマリアの心の葛藤が突き刺さりました。それぞれ違う立場の女性達の見えない駆け引きが魅力的で怖いくらい。最後の言葉の意味は?受け入れるのか諦めるのか この舞台とはいったい…。」

鈴木杏(女優)

「女優さんの人生って、やっぱり特殊で面白いなぁ!と他人事のように堪能してしまった。この素晴らしい三人を、もっともっと、ずっとずっと見ていたい!」

荻野目慶子(女優)

「このスリリングな演技の「火花」の炸裂は見逃せない!息を呑むほど美しいスイスの絶景の絵、女優魂が眩しくて、 新鮮なクリステンにはノック・アウト!」

白石加代子(女優)

「薄い膜を境に、実人生と役柄とを行き来するうちに、不意にたち現れる真実。私の心の襞に隠している部分を覗かれた思いでした。」

余 貴美子(女優) 

「3人の女たちの演技合戦は、物語なのか、現実なのか。ドキュメンタリーのようで、とてもクール!」

君島十和子(フェリーチェトワコ クリエイティブディレクター)

「私の価値。誰もが歳を重ねる事で失うものがある。それなのに許されない。でも一番許していないのは自分だった。それをこの女優にそっと囁かれた。失った価値よりももっと素敵な価値を見つけられる事を女優が証明してくれた。」

玉城ティナ(モデル)

「自覚した美しさほど人を魅了できるものはありません。二人の若さへの隠された争いに虜になってしまいました。」

藤原美智子(へア&メイク/ライフスタイルデザイナー)

「どのように年を重ねていくかの前に、まずは受け入れること。それが自信や輝き続けるために大事だと改めて思い知りました。大人の女性にこそ観て欲しい映画!」

春香クリスティーン(タレント)

「主人公マリアは、大女優でありながら迷い、悩み、傷つき葛藤する。若さとは何か? iPadでジュリエット・ビノシュを検索した時、映画と現実が交錯した。」

cueはこの映画をカンヌ上映時から追っかけてきました。メインであるジュリエット・ビノシュとクリステン・スチュワートの素晴らしい演技に注目が行きがちですが、何気に後半登場するクロエ・グレース・モレッツの存在感が素晴らしいです。
彼女の役は今どきのお騒がせ若手女優。若さ故の浅はかさと、それでいてメディアが報じるイメージとは違う真面目で謙虚な部分が同居する今どきの若者キャラクターを見事に演じて、シリアスで地味になりがちな作品に勢いと華やかさを与えています。ぜひ注目してみてください。

アクトレス ~女たちの舞台~

ストーリー

大女優として知られるマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、忠実なマネージャーのヴァレンティン(クリステン・スチュワート)とともに、世界を股に掛けて活躍していた。そんななか、マリアはかつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされる。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司、ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大作映画で活躍するお騒がせ女優のジョアン(クロエ・グレース・モレッツ)に決定していた…。

スタッフ&キャスト

監督・脚本:オリヴィエ・アサイヤス『夏時間の庭』『デーモンラヴァー』
撮影:ヨリック・ル・ソー『ミラノ、愛に生きる』
特別協力:シャネル
キャスト:ジュリエット・ビノシュ『トスカーナの贋作』/クリステン・スチュワート『トワイライト』/クロエ・グレース・モレッツ『キック・アス』ラース・アイディンガー『HELL』/ジョニー・フリン『ブルックリンの恋人たち』ほか

2014年フランス・ドイツ・スイス/英語・フランス語・ドイツ語/124分
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、スイス大使館、スイス政府観光局
配給:トランスフォーマー

10月24日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか順次公開

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です