Home 国内NEWS 4/27公開どん底女性がラップでサクセスしていく『パティ・ケイク$』日本版予告編

4/27公開どん底女性がラップでサクセスしていく『パティ・ケイク$』日本版予告編

4/27公開どん底女性がラップでサクセスしていく『パティ・ケイク$』日本版予告編
1

4月27日(金)よりHTC 渋谷ほか全国ロードショーとなる、どん底生活のデブっちょ女性がラッパーとして活躍していく様を描く『パティ・ケイク$』の日本版予告編が公開されました。


母は酒浸りで、自身は見た目を馬鹿にされ、まともな職も見つからず、場末のバーで一生を終える…そんな未来のないパティが唯一自分を解放できるのがラップでした。祖母と親友の前でしか発しなかったそのライムを、大勢の前で披露する機会がやってきて、彼女の隠れた才能が花開き、未来が切り開かれていく…というお話です。

主⼈公パティを演じるのは、オーストラリア⼈⼥優で新人のダニエル・マクドナルド。また、呑んだくれの⺟親役をコメディエンヌ、ブリジット・エヴァレット(『ママたちのパーティーナイト』)、パティの将来を信じる⾞椅⼦の祖⺟役をキャシー・モリアーティ(『レイジング・ブル』)がそれぞれ演じます。

そのほか、パティのラップ仲間役には、本作で⼤抜擢されたインド系ユーチューバー、シッダルタ・ダナンジェイと、「ゲット・ダウン」にグランドマスター・フラッシュ役で出演していたママドゥ・アティエ。

予告編は、最初の停滞しきっているパティの状況が、ラップでどんどんサクセス・ストーリーを駆け上っていくようなテンポになっていくのがワクワクします。日本版予告編はオリジナル版と同じ映像でほぼ同じ構成なのですが、日本版に入っているナレーションのトーンが妙にシリアスで重く感じます。う〜ん…

デブっちょ女性ラッパーのサクセス・ストーリー『Patti Cake$』予告編
町でくすぶっていたデブっちょな女性が、ラップで成功を掴んでいくという、キューティー映画『Patti Cake$』の予告編が公開されました。ニュージャージーに住むパトリシア・ドンブロウスキー(ダニエル・マクドナ...

パティ・ケイク$

ストーリー

23歳のパティは掃き溜めのような地元ニュージャージーで、呑んだくれの元ロック歌⼿だった⺟と、⾞椅⼦の祖⺟との3⼈暮らし。憧れのラップの神様O-Zのように⾳楽界で名声を⼿に⼊れ、地元を出ることを夢みていた。⾦ナシ、職ナシ、その⾒た⽬からダンボ!と嘲笑されるパティにとって、ヒップホップ⾳楽は魂の叫びであり、観るものすべての感情を揺さぶる奇跡の秘密兵器だった。ある⽇、駐⾞場で繰り広げられていたフリースタイルラップ・バトルに参加。バトル相⼿を渾⾝のライムで打ち負かし、諦めかけていた、スターになる夢に再び挑戦する勇気を⼿に⼊れる。そんなパティのもとに、正式なオーディションに出場するチャンスが舞い込んでくるー。

スタッフ&キャスト

監督・脚本・オリジナル⾳楽:ジェレミー・ジャスパー
出演:ダニエル・マクドナルド、ブリジット・エヴァレット、シッダルタ・ダナンジェイ、ママドゥ・アティエ、サー・ンガウジャ、MCライト、キャシー・モリアーティ
提供:20 世紀フォックス映画 配給・宣伝:カルチャヴィル×GEM Partners
原題:PATTI CAKE$/2017年/アメリカ
HP:www.patticakes.jp
© 2017 Twentieth Century Fox

Comment(1)

  1. As a matter of fact, Google weakens all artificial web links creating software
    program and also relegates them to bottom rankings on search engines.

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.