Home 国内NEWS 5/11公開『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』日本版予告編

5/11公開『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』日本版予告編

5/11公開『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』日本版予告編
0

ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガー共演、『タイヨウのうた』のアメリカ版リメイク『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』が5月11日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーされます。その日本版予告編が公開されました。


XP(Xeroderma Pigmentosum=色素性乾皮症)という難病と向き合いながら生活を送るケイティ(ベラ・ソーン)。彼女は日光を浴びることができないので、いつも夜になると、ギターを抱えて1人で弾き語りをしていました。ある日、いつも窓の向こうからずっと密かに片想いし続けていたチャーリー(パトリック・シュワルツェネッガー)に声をかけられ…

2006年に公開され大ヒットしたYUI、塚本高史共演『タイヨウのうた』をリメイクした本作は、オリジナル版をうまく改訂し、より感動的なキューティー映画に仕上がっていることが今回の予告編からわかります。
オリジナル版ではヒロインが男の子を出会う際、彼をどう思っていたかの描写が弱いため、出会いと惹かれ合う過程が唐突な印象があります。しかし本作では「ずっと窓の向こうから想い続けてきた」という設定を加えることで、そのあたりを自然なものにしています。
さらに2人のデートシーンも本作より「ヒロインがやってみたいこと」に音楽が関わっていてとても良いですね。期待のキューティー映画です。
https://youtu.be/TvGAEoRuZUQ

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~

ストーリー

17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第に二人は恋に落ちていく。

スタッフ&キャスト

監督:スコット・スピアー
脚本:エリック・カーステン
出演:ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガー、ロブ・リグル、クイン・シェパード、ケン・トレンブレット
アメリカ/2018年/92分/原題:MIDNIGHT SUN
◆配給:パルコ ◆提供:パルコ/バップ/松竹 ◆協力:S・D・P
© 2017 MIDNIGHT SUN LLC. ALL RIGHTS RESERVED.