Home 国内NEWS 三重苦の少女を描く『奇跡のひと マリーとマルグリット』の吹替え版で手話をアフレコ

三重苦の少女を描く『奇跡のひと マリーとマルグリット』の吹替え版で手話をアフレコ

三重苦の少女を描く『奇跡のひと マリーとマルグリット』の吹替え版で手話をアフレコ
0

marie-heurtin-after-rec_00

ベテラン声優らも果敢な挑戦!
『奇跡のひと マリーとマルグリット』バリアフリー上映版の吹替えを制作

6月に公開となるフランス映画『奇跡のひと マリーとマルグリット』は、19世紀末のフランスに生まれた目も見えず、耳も聞こえないという三重苦の少女と、彼女を献身的に支え教育を与えたシスターマルグリットの実話をもとにした映画です。

今回、視覚に障害がいをもつ方も楽しめるよう、吹替え版の制作を行うことになり、ちょっと変わったアフレコが実施されました。


『奇跡のひと マリーとマルグリット』は、その内容からよくあるお行儀のいい真面目な感動作と思われがちですが、コミカルなシーンも多く、とても前向きで感動的なキューティー映画に仕上がっています。
ドキュメントを多く撮っているカメラマン、アン・スリオによる美しい画面も見どころの1つです。

主演のマリー役を演じたのは、自らも生まれつき聴覚にハンディキャップのある20歳の新人女優アリア―ナ・リヴォアール。彼女の体当たりとも言える演技は素晴らしく、新人とは思えません。

そして今回、ハンディキャップをもつ方々が映画を楽しめるようにバリアフリー上映版の制作が行われました。

バリアフリー上映版って?

バリアフリー上映とは、視聴覚に障がいのある人にも普通に映画を楽しんでもらうための上映形式のことです。
現在邦画を中心にその輪が広がっています。
邦画の場合は、聴覚に障がいのある方々には字幕付きにすることで字幕を読んでもらい、視覚に障がいのある方には音声ガイダンスで台詞にはない状況説明を補足することで、映画を楽しんでもらっています。

しかし、あらかじめ字幕付きの洋画の場合は、邦画に比べてバリアフリー版の普及が遅れているのが現状です。
そのため本作では視覚に障害がいをもつ方も楽しめるよう、吹替え版の制作を行うことになりました。

手話でアフレコ?!ベテラン声優陣の技が冴える

映画の中には主人公のマリーをはじめとして、手話でコミュニケーションをとる生徒やシスターらが数多く登場します。
今回の吹替えでは、通常のアフレコとは異なり、劇中の手話に合わせて台詞をあてています。
marie-heurtin-after-rec_01
フランス語で表現されている手話の言葉の順番を推測しながら声をあてていくという、かなり難易度の高い収録となりましたが、それが出来たのも、エマ・トンプソンやケイト・ブランシェットなど多数の有名女優の吹替えでキューティー映画でもお馴染みの声、塩田朋子さん、野々村のんさん、杉平真奈美さん、金子由之さん、竹村叔子さんら、洋画の吹替えでお馴染みの役者さんが揃っていたからこそです。

声優さんの技が冴えるバリアフリー上映版のアフレコは、本作の”聞きどころ”の1つです。

奇跡のひと マリーとマルグリット

ストーリー

19世紀末のフランス・ポアティエ。聴覚障害を持つ少女たちのための学院を併設する修道院に、生まれつき目も耳も不自由な少女マリーがやってくる。しつけも教育も受けずに育ってきたマリーは野生動物のようにどう猛で、誰にも心を開かない。修道女マルグリットは、マリーの教育係を申し出て、むきだしの魂がぶつかりあう「戦い」と呼ぶべき教育が始まった。閉ざされた世界で何も知らずに生きるマリーに根気強く向き合ううちに奇跡は起き、深い愛情とともに学ぶことの喜びを与えてくれたマルグリットと強い絆で結ばれてゆく。しかし、マルグリットの“命の期限”はすでに目前に迫り…

スタッフ&キャスト

監督:ジャン=ピエール・アメリス
脚本:ジャン=ピエール・アメリス、フィリップ・ブラスバン
出演:イザベル・カレ(『きつねと私の12か月』、『クリクリのいた夏』))、アリアーナ・リヴォアール

バリアフリー上映版吹替え:野々村のん(マグリット)、杉平真奈美(マリー)、塩田朋子(院長)、金子由之(マリーの父)、竹村叔子(マリーの母)

2014年/フランス
推薦:カトリック中央協議会広報 年少者映画審議会推薦 文部科学省選定教育映像等 厚生労働省社会保障審議会特別推薦 児童福祉文化賞推薦作品 協力:ライフ・クリエイション(いのちのことば社)
提供:ドマ、スターサンズ、ハピネット/配給:スターサンズ、ドマ

公式サイト:www.kiseki-movie.jp 

『奇跡のひと マリーとマルグリット』
6月上旬シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー