Home 国内NEWS 10/5公開!『フィフティ・シェイズ・フリード』日本版特報!

10/5公開!『フィフティ・シェイズ・フリード』日本版特報!

10/5公開!『フィフティ・シェイズ・フリード』日本版特報!
0

巨大企業の若き起業家のグレイ(ジェイミー・ドーナン)とごく普通の女性アナ(ダコタ・ジョンソン)の恋愛模様を過激な描写で描き、全世界で空前の社会現象を巻き起こした「フィフティ・シェイズ」シリーズの最終章『フィフティ・シェイズ・フリード』が10月5日(金)いよいよ日本公開となります。日本版特報が公開されました。


巨大企業の若き起業家にしてCEOのグレイとそれまで恋の経験がなかった純粋なアナのSMを通じた恋愛模様を描いた、元は「トワイライト」の同人小説から出発したELジェイムズの同名官能小説を映画化した本シリーズ。
2015年のバレンタイン・シーズンに全世界同時公開された1作目『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は全世界興収5億7000万ドル(約640億円)以上を記録。2作目の『フィフティ・シェイズ・ダーカー』と共にR指定の女性向け映画としてはソフトの売り上げを含めて異例の大ヒットを記録し、一大ブームを巻き起こしました。

最終章である本作は、様々な困難をくぐり抜けたSMカップルのクリスチャンとアナが、遂に夫婦として結ばれるところから始まります。しかし!!幸せな2人を邪魔する敵が再び現れて…というサスペンスタッチで物語はクライマックスに向かいます!

前作と本作は同時に撮影されており、監督のジェームズ・フォーリー、撮影のジョン・シュワルツマンなど、前作同様ゴージャスで官能的なドラマが作り上げられています。
第1作が特大ヒットしたにも関わらず、口うるさい原作者E L ジェイムズのせいで監督、脚本が共に降りてしまい、苦肉の作でE L ジェイムズの夫を脚本家として立てることで原作者の現場介入を最小限に抑えるというプロデューサーの奇策も功を奏して、シリーズは無事完結しました。
日本で無事3作が公開されることはうれしい限りです。
ぜひ劇場でグレイとアナの行末を見守りましょう。

フィフティ・シェイズ・フリード

スタッフ&キャスト

監督:ジェームズ・フォーリー
脚本:ナイオール・レナード
原作:E L ジェイムズ(早川書房刊)
出演:ダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナン、エリック・ジョンソン、リタ・オラ、マーシャ・ゲイ・ハーデン 
配給:東宝東和 R15作品
©2017 UNIVERSAL STUDIOS
公式サイト:http://fiftyshadesmovie.jp
公式twitter:#FiftyShadesJP
公式FB:fiftyshadesmovieJP
公式Instagram:fiftyshadesmoviejp