Home 国内NEWS 8/5公開、アマンドラ・ステンバーグ主演、YA小説映画化『エブリシング』場面写真公開

8/5公開、アマンドラ・ステンバーグ主演、YA小説映画化『エブリシング』場面写真公開

8/5公開、アマンドラ・ステンバーグ主演、YA小説映画化『エブリシング』場面写真公開
0

8月5日(土)より、新宿ピカデリーほか公開、ニコラ・ユンによる青春小説を映画化した、難病で部屋から出れない女の子の恋を描くアマンドラ・ステンバーグ主演『エブリシング』の場面写真が公開されました。


重度の免疫不全(SCID)により、完全に滅菌された家の中で18年間を過ごす少女マデリン。外の世界を夢見つつ、それなりに自分の境遇を受け入れていた彼女が、隣に引っ越してきた少年・オリーと出会い、惹かれあい、ガラス越しに恋を育んでいきます。
「家の中で生き延びるより、一瞬でも外で生きたい」
生まれて初めて知った恋に、マデリンは“すべて”を賭けた運命の決断をします。

NYタイムズベストセラーにてNo.1を獲得、11ヶ月間ベストセラーリスト入りを果たしたニコラ・ユンによる青春小説を映画化した本作は、考え方、生き方が同世代からの共感を呼んでいる19歳の若手女優アマンドラ・ステンバーグ。彼女を恋の相手を演じるのはニック・ロビンソン(『ジュラシック・ワールド』)。

難病を持つ若者が恋をして世界を見るために飛び出すという展開は『きっと、星のせいじゃない。』に通じるものがあります。ある意味ベタな展開なだけに、主演2人の親近感や観客の心をつかむ演出、そして”ラスト”がポイントとなってきます。楽しみな作品です。

エブリシング

ストーリー

18歳のマデリンは、生まれつき重い病気のため、人生を家の中だけで過ごしてきた。厳重に衛生管理された屋内で、医者の母ポーリーンと看護師カーラと毎日を送っていた彼女は、隣の家に越してきたオリーと知り合う。窓越しにメールするうち、彼の不思議な魅力に惹かれたマデリンは、カーラに頼みこみ、お互い近づかないことを条件に家の中で初めて会う。ある日、父親に殴られているオリーを助けるため、命の危険も顧みず家を飛び出したマデリン。しかし、母から二度と彼に関わらないように厳しく言われてしまう。オリーのことを忘れようとする彼女だったが…。ついに、マデリンは、自分のすべてを懸けた決断をする。彼女が決めた行動とは―。そして、その先に待つ運命とは―。

スタッフ&キャスト

監督:ステラ・メギー
出演:アマンドラ・ステンバーグ、ニック・ロビンソン
脚本:J・ミルズ・グッドロー
原作:ニコラ・ユン(「Evyrything,Everything」)
2017/アメリカ/96分/原題:Everything, Everything
© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.