Home 国内NEWS ジェニファー・アニストン&ダニエル・マクドナルド共演、Netflix映画『ダンプリン』5月配信!

ジェニファー・アニストン&ダニエル・マクドナルド共演、Netflix映画『ダンプリン』5月配信!

ジェニファー・アニストン&ダニエル・マクドナルド共演、Netflix映画『ダンプリン』5月配信!
0

ジェニファー・アニストンとダニエル・マクドナルド(『パティ・ケイク$』)が母娘役で共演する、人気YA小説原作のNetflixキューティー映画『Dumplin’(原作邦題:恋するぷにちゃん)』が邦題『ダンプリン』で5月3日に配信されます!


ウィル(ダニエル・マクドナルド)は16歳。元ミスコンのママ(ジェニファー・アニストン)から「Dumplin(団子)」というあだ名で呼ばれるデブっちょですが本人は気にしていません。男の子に恋をしたことをきっかけに、ウィルは自分の価値が痩せている女の子たちと同じであることを証明するため、母親が出場していた地元の美人コンテストに出場することを決意する…というお話です。

原作はジュリー・マーフィによる同名YA小説です。日本では邦題「恋するぷにちゃん」で出版されています。

ダヴ・キャメロン(『ディセンダント』)、マディ・ベイリオ(「ヘアスプレー・ライブ!」)、ベックス・テイラー=クラウスら若手女優たちが出演。
監督は『キューティ・コップ』『あなたは私の婿になる』『幸せになるための27のドレス』とキューティー映画のヒットメイカー、アン・フレッチャー。彼女は『魔法にかけられて』の続編の企画開発に参加していました(今は盟友アダム・シャンクマンにバトンタッチされています)。脚本はクリスティン・ハーン。

劇中設定でヒロインがドリー・バートンのファンということで、ドリー・バートンの歌が全編に流れます。テーマ曲はドリー・バートンの新曲「Girl in the Movies」。この曲がキューティー映画全ての応援歌になっていて、映画の終わりの余韻に浸るにはピッタリです。2018年度の映画賞各賞にノミネートされました。

ジェニファー・アニストンがヒロインの母親役で出演する、デブっちょティーンのヒロインが美人コンテンストに出場するYA小説の映画化『Dumplin’』がNetflixで12月7日に配信されることになりました。そしてサウン...

本作は日本を除く各国では2018年12月7日にNetflixで配信、北米では11月に先行で劇場公開も行われました。
ダニエル・マクドナルド(『パティ・ケイク$』)主演、ジェニファー・アニストンがヒロインの母親役で出演する、デブっちょティーンのヒロインが美人コンテンストに出場するNetflix映画『Dumplin’(原作邦題:恋...

しかし日本では、Netflixで12月7日からの配信予告が表記されていたものの、実際は行われませんでした。(当サイトではNetflixに『Dumplin’』の配信に関して質問メールを送りましたがガン無視されました。)
日本のキューティー映画ファンは、出演者、スタッフ共に1級のキューティー映画関係者で作られた名作『Dumplin’』を見ることが出来なかったのです。
ジェニファー・アニストン出演ということで日本の配給会社が購入したから?2019年に劇場公開?と当サイトでは予想していたのですが、結局は2019年5月3日からNetflixで邦題『ダンプリン』として配信開始です。

なぜ日本だけ配信が半年遅れたのか謎ですが、とにかく見れるようになって良かったです。キューティー映画の良心がたっぷり詰まった本作は必見。そしてスタッフロールで流れる「Girl in the Movies」も必聴です。

To prove a point about measuring up and fitting in, Texas teen Willowdean Dickson enters a local pageant run by her ex-beauty queen mom.