Home Column 2015年スーパーボウルCM集

2015年スーパーボウルCM集

2015年スーパーボウルCM集
0

super-bowl-2015-ads_002015年スーパーボウルの試合中継中に流れたCM集です。


が、今年は例年にないくらい不作でした。
スーパーボウルのCMのために「え!この人が!」というサプライズ出演したスターもあまりいませんし、世界共通で楽しめるネタも少ないです。

アメリカの広告業界はネット広告に移行していて、スーパーボウルといえども予算縮小の方向なのでしょうか?
一方でYouTubeなどネットを使ったCMはかなり活気づいていました。そういう点からもアメリカの広告業界には何かしら変化が訪れているような気がします。

とは言うものの、今年も数多くのCMが作られました。その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

バド・ライト(バドワイザー社)

人間がパックマンになって、ゲームを体感できるというもの。巨大迷路をLAに作ってやりました。でもそれだけ。オチも大して面白くないです。
http://youtu.be/g9A1NowrnGI

KIA ソレント

エージェントと出演作について話し合うピアース・ブロスナン。エージェントのシーン説明をアクション映画だと思って想像しますが、ことごとく普通の状況で…というもの。

ネーションワイド(金融・保険会社)

キューティー映画女優として注目しておきたい、TVドラマ「ザ・オフィス」出演のインド系女優ミンディ・カリング主演。ある日ミンディは透明人間になったので散々色々遊んで、最後はある有名俳優に近づき匂いを嗅ごうとしたが…というもの。有名俳優に注目です。
http://youtu.be/Yrq8ruhmCX0

カールズ・ジュニア

セクシー過ぎると物議を醸し出したケイト・アプトンのCMで有名なハンバーガー・チェーンが、またもやセクシーなCMを仕掛けてきました。加工品を使っていない、というのがコンセプトのCMです。彼女の名前はシャーロット・マッキニー、フロリダ生まれの20歳のモデルです。ケイト・アプトンの次を担うと言われています。ケイトはモデルとしてPVやテレビに出演後、最近ではキューティー映画に出演し始めていますが、彼女もそれに続くのでしょうか?

イーシュランス(自動車保険会社)

車の事故で話題になることが多いリンジー・ローハンが自虐ギャグやってます。
http://youtu.be/SGoVVrqe2t8
こちらは別バージョン。薬局コーナーにいたのは「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストン。「ブレイキング・バッド」は高校の先生が覚醒剤を密売する話です。その主人公が現れて、というもの(笑)
http://youtu.be/l9dtWCKHz4s

ドリトス

ドリトスは毎年事前にCMを募集しネットでファン投票します。優勝者のCMはスーパーボウル当日にドリトスのCMとしてオンエアされ、賞金100万ドルを手にすることが出来ます。さらに今年は『Pitch Perfect 2』のタイアップも加わり、監督を務めたエリザベス・バンクスが審査委員長となり、優勝者には『Pitch Perfect 2』の予告編も制作することが出来ます。
で、その候補作ですが、こちらのサイトに最終選考の10作品があるのですが…今年はどれもイマイチ。
優勝作品はこちらです。別に大したアイディアでもない、ごくごく普通のものですね。

Always(P&G)

P&G社がアメリカで発売している生理用品ブランド「Always」のキャンペーンCMです。「女の子らしさとは?」を問いかけるもので、これが素晴らしい。
まずは女性や男性に「女の子らしく、走ってみてください・投げてみてください・戦ってみてください」と問いかけます。みなデフォルメした女の子っぽい動きでそれに応えます。そして同じ質問をトゥイーンズにしてみると…という内容。
ラスト、質問者の「女の子らしく走れ、って言われてどう思った?」という問いかけに対して小さな女の子は「出来るだけ早く走ることだと思った」と答えます。