Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/onebilling/cuemovie.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
Home Column 追悼:プリンス 2007年スーパーボウル、ハーフタイムショーについて

追悼:プリンス 2007年スーパーボウル、ハーフタイムショーについて

追悼:プリンス 2007年スーパーボウル、ハーフタイムショーについて
1

プリンスが急逝しました。享年57歳。追悼の意味を込めて、2007年に行われたスーパーボウルのハーフタイムショーについて書きたいと思います。


当サイトではスーパーボウルのハーフタイムショーを記事にしていますが、そこでも何度か触れているのが2007年にプリンスが行ったハーフタイムショーです。過去最高のパフォーマンスだったと断言します。

プリンスがハーフタイムショーに選ばれた時、「なんで今さらプリンス?」と醒めた意見が多く聞こえました。当時のプリンスは一般的に目立った活動がなく、ハーフタイムショーに選ばれるべき話題性があるとは思えなかったからです。

しかし記者会見からプリンスは面白いことをしてくれました。
ハーフタイムショーについての記者会見に出席したプリンスは「何か質問は?」と聞いて記者が質問するやいなや、いきなりライブを始めて、演奏が終わるとそのまま会場を去るというパフォーマンスを行います。

演奏曲

Johnny B. Goode:チャック・ベリー
Anotherloverholenyohead
Get on the Boat

そして、スーパーボウル当日。
ハーフタイムショー史上初の雨の中のパフォーマンスとなりました。
結果論ですが、この雨が映像的には劇的な効果を生みます。カメラに雨のしずくが付着したため照明が反射し、映像にミラーボールのような効果を与えました。

クイーンの「We Will Rock You」をイントロに、往年のヒット曲「Let’s Go Crazy」で勢い良く華やかにスタート。「1999」のイントロを奏でながら総勢100人のドラムラインが登場し「Baby I’m a Star」(アレンジ最高!)からアイク&ティナ・ターナーの「Proud Mary」へ繋がります。
ボブ・ディランの「All Along the Watchtower(見張塔からずっと)」をジミー・ヘンドリックスのバージョンで演奏した時は会場が驚きと感嘆の声に包まれ、まさかのフー・ファイターズ「Best of You」のカヴァーと続き、最後は感動的に「Purple Rain」で締めるという展開。
過去のヒット曲とバラエティに富んだカヴァー曲満載のステージングは、全世代、特にスーパーボウルを見ているメインターゲットの男性層に強くアピールし、緩急が計算されたステージはエンタテイメント感たっぷりでした。
終了後は事前の評価が一変し、プリンスのパフォーマンスは大絶賛となりました。

この時のプリンスのパフォーマンスがハーフタイムショーでは過去最高という声は高く、ベスト・パフォーマンスの投票や選出でも1位に選ばれることが多いのです。

こちらが2007年、プリンスのハーフタイムショーのフルバージョンです。

演奏曲

(We Will Rock You:クイーン)
Let’s Go Crazy
1999 (intro)
Baby I’m a Star
Proud Mary:クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(アイク&ティナ・ターナー・バージョン)※
All Along the Watchtower:ボブ・ディラン(ジミー・ヘンドリックス・バージョン)
Best of You:フー・ファイターズ
Purple Rain

※コメントの指摘を受け、修正させてもらいました。