Home Column 今年で『ミーン・ガールズ』10周年!キャストの今や関連企画など色々

今年で『ミーン・ガールズ』10周年!キャストの今や関連企画など色々

今年で『ミーン・ガールズ』10周年!キャストの今や関連企画など色々
4

meangirls-10th_002004年公開の『ミーン・ガールズ』。当時人気絶頂だったリンジー・ローハンをヒロインに、レイチェル・マクアダムス、アマンダ・サイフリッドなど若手が参加し大ヒットを記録。アメリカの高校の学園カーストの実態をリアルに、そして面白おかしく描いた内容は、ティーンの定番ムービーとなり世代交代をしながら支持され続けています。


特に劇中のクリスマス会のコンサートシーンは「最初の色っぽい踊り→途中音がなくなるハプニング→機転を利かした大合唱」というシチュエーションが受けて、後にアメリカの高校の舞台発表などで盛んに真似され、今でも投稿動画が多数上がっています。
こちらがオリジナル

みんな楽しそうにパロってます。

今年2014年は『ミーン・ガールズ』10周年の年です。
脇役でアーパーギャルを演じていたアマンダ・サイフリッドが、まさかここまでスターになるとは当時思いませんでしたし、呼び方も当時「セイフライド」と呼ばれていたのが「サイフリッド」で統一されるとは思いませんでしたし(笑)、当時ディズニー系女優ではヒラリー・ダフと人気を二分していたリンジー・ローハンが、ここまでお騒がせ女優になり落ちぶれるとは予想だにしませんでした…

そんな中、ロスにあるジュエリーブランド「Stella & Bow」が映画の中の名セリフなどをモチーフにした記念ジュエルを発売しました。
meangirls-10th_01
[browser-shot url=”https://stella-bow.squarespace.com/mean-girls-presale/” width=”500″]

さらに先日、NYのレストランでリンジー・ローハンと、『ミーン・ガールズ』でリンジー演じるヒロインの親友でゲイの男の子を演じたダニエル・フランゼーゼが再会。2ショット写真を公開しました。
meangirls-10th_022人とも当時の面影なさすぎ…(笑)
ちなみに他の共演者の昔と今です。
meangirls-10th_03みんな大人になりました。

MTVアワードとかティーン・チョイス・アワードとか若者中心のアワードで、当時の出演者が再結集してプレゼンターを務めるとかやってほしいですね。

『ミーン・ガールズ』は今も色々な企画が進行中です。

ミュージカル化の企画が、本作のプロデューサーであり脚本家であり教師役で出演もしていたティナ・フェイと彼女の夫で音楽家であるジェフ・リッチモンドを中心に進められています。10周年である今年、何らかの進展があると思われます。

さらに、原作の続編で今度は親側の人間関係を扱った『Mean Moms』の映像化企画も進行中。『ミーン・ガールズ』ブランドはまだまだ健在です。
『ミーン・ガールズ』原作の続編企画『Mean Moms』

パラマウントは、ユニバーサルの『チアーズ』、FOXの『キューティ・ブロンド』のように、コンセプトを利用したシリーズ化を試みました。
それが2011年『ミーン・ガールズ2』。テレフィーチャー作品で公開されました。主演はメーガン・ジェット・マーティン。
前作と関連性はなく、学園カーストのコンセプトを使った作品です。日本ではVODのみで公開されています。

ミーン・ガールズ2 (字幕版)

ミーン・ガールズ2 (字幕版)ビデオ

監督メラニー・メイロン

出演ジェニファー・ストーン, マイアラ・ウォルシュ, メーガン・ジェット・マーティン, ニコル・ゲイル・アンダーソン, クレア・ホルト

クリエーターエラナ・レッサー, クリフ・ルビー, アリソン・シュローダー, ジョージ・エンゲルソン

スタジオParamount

カテゴリーPrime Video

Supported by amazon Product Advertising API


『ミーン・ガールズ』の10周年は公式のものより、ファンから何かしら自主的にアクションが起きる気がしています。その方が「映画会社や評論家ではなく、ファンに愛され続ける」キューティー映画らしいお祝いの仕方だと思うのです。

そして『ミーン・ガールズ』10周年の今年こそ、リンジー・ローハンには女優業に専念してほしいものです。リンジーはいい女優さんなのでほんともったいないです。
[cptr]