Home Column レズビアン・ヴァンパイアを描くYouTubeドラマシリーズ「Carmilla」が映画化

レズビアン・ヴァンパイアを描くYouTubeドラマシリーズ「Carmilla」が映画化

レズビアン・ヴァンパイアを描くYouTubeドラマシリーズ「Carmilla」が映画化
0

YouTubeで配信されている、レズビアン・ヴァンパイアを描くドラマシリーズ「Carmilla」の劇場版が2017年秋に配信されます。ちょっと変わった形式ながらティーンに大人気のドラマを含めてご紹介。


「Carmilla」は、カナダのKindaTVが運営しているYouTubeチャンネルで2014年から配信されているネット・ドラマシリーズです。1話あたり3〜6分程度で現在3シーズン+外伝が2つあります。
基本的には部屋に固定されたビデオカメラ(PCカメラ)に向かって、「女子大生でビデオ・ジャーナリスト」という設定の主人公ローラが語りかけ配信しているというスタイルで物語は進行します。

ある日、ローラ(エリス・バウマン)のルームメイトが突然消えてしまい、その代わりにやってきたカーミラ(ナターシャ・ネゴヴァンリス)と名乗る謎の女の子がルームメイトになります。やがてルームメイト以外にも失踪している女の子たちがいることがわかり事件を追うローラ。そしてカーミラはレズビアン・ヴァンパイアであることが判明します。最初は敵対していたローラとカーミラですが、やがて恋愛に発展していく…というお話です。

吸血鬼に詳しい方ならピンと来ると思いますが、この「Carmilla」は19世紀にシェリダン・レ・ファニュが発表した、ブラム・ストーカーの「ドラキュラ」に影響を及ぼしたと言われる、女吸血鬼カーミラの現代版です。
オリジナルの「カーミラ」は、ヒロインであるローラの回想手記という形で語られます。お城にやってきたカミーラという謎の少女に魅せられたローラとの関係が描かれます。カーミラが来てから城の周辺では女性が失踪する事件が続出します。カーミラは吸血鬼で女性の血を吸っていました。

吸血鬼カーミラ (創元推理文庫 506-1)

吸血鬼カーミラ (創元推理文庫 506-1)書籍

作者レ・ファニュ

クリエーター平井 呈一

発行東京創元社

発売日70.04.15

カテゴリー文庫

ページ数386

ISBN4488506011

Supported by amazon Product Advertising API

カーミラ

カーミラ電子書籍

作者J・S・レ・ファニュ

クリエーターBOOKS桜鈴堂

発行BOOKS桜鈴堂

発売日15.02.27

カテゴリーKindle版

ページ数149

Supported by amazon Product Advertising API


「カーミラ」を上手く現代の大学に置き換えたこのYouTubeのドラマシリーズは5000万PVを超え、カナダを中心にティーンに高い支持を得ています。

今回『Carmilla the Movie』というタイトルで映画化されました。特報を見る限り、映画版は通常の撮影でドラマが進むようです。

映画版は今年の秋からデータ販売が開始されます。映画版を見るための9.99ドルを基本として、シーズン3と映画版のセットで20.99ドルなど、いくつつのデータ・セットが用意されています。
こちらが映画版の販売サイトです。

有名な古典の現代版を低予算ながら、古典をリスペクトした形で上手くドラマ化し(手記をビデオ配信に置き換えたのが見事)、それを新しいメディアで配信。それがちゃんと若いユーザーに届き、支持を得ての長編映画化という新しい流れは、またもやキューティー映画から起こっています。
https://carmillamovie.vhx.tv/