Home Column 平成最後の!2018年キューティー映画総括

平成最後の!2018年キューティー映画総括

平成最後の!2018年キューティー映画総括
0

キューティー映画は原点回帰へ

近年のアメリカ産キューティー映画は青春映画のほぼ全てに「ジョン・ヒューズ」の影が見え隠れしています。無縁だと思われたスティーブン・スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』にまでジョン・ヒューズ作品が重要なアイテムとして使用されているのには驚きましたが、この傾向は今後も続くと思われます。ただ以前のようなジョン・ヒューズ作品の精神性ではなく、単に描写を真似たものが増えているので「ジョン・ヒューズ・ブーム」が終わった後、青春系キューティー映画がどうなるのかも気がかりです。

キューティー映画は去年、MeToo問題や多様性を認める社会運動など、社会的な動きを反映した重くシリアスな…コメディであってもシニカルなものが多かったのですが、今年は原点回帰とも言えるロマンチックで楽しい王道作品が多く公開されました。

先に書いたNetflixによるディズニーを意識してのユーザー囲い込みのための増加というのがありますが、もう一つはジョン・ヒューズ作品に限らず『25年目のキス』や『キューティ・ブロンド』『ミーン・ガールズ』『クルーレス』など過去の名作キューティー映画が「クラシック」として作り手の共通認識になったことがあると考えています。

キューティー映画は近年、これまで多かった男性のベテラン職人監督の作品から女性監督による作品が増えています。女性監督作品は自己主張の強い作家性重視の演出が多かったのが、職人的な演出が増えました。また脚本は過去のキューティー映画を上手く消化して新しい形にして提示しているものが増えています。作り手側の過去のキューティー映画への共通認識によって、いい意味でプログラムピクチャー的な安定した完成度を持つ作品が増えました。

2019年のバレンタインデーにはレベル・ウィルソン主演のキューティー映画をパロディ化した『Isn’t It Romantic?』が公開されます。

レベル・ウィルソン主演、ヒロインがある日突然キューティー映画の世界のヒロインに、という『Isn’t It Romantic?』の予告編が公開されました。ニューヨークで毎日をただ無意味に忙しく過ごす、キューティー映画...

過去のキューティー映画をパロディにしたアリアナ・グランテのMVも大きな話題となりましたね。
アリアナ・グランデが公開した新曲MV「Thank U, Next」が、Youtubeにおいて公開後24時間での視聴回数の最高記録となりました。このMVが全編有名キューティー映画のパロディ映像になっています。必見です。「Thank...

そんな中、キューティー映画の金字塔『キューティ・ブロンド』の第3弾がリース・ウィザースプーン主演で製作されることが発表されました。公開は2020年2月14日ですが、今年はその進捗状況がニュースを賑わしそうです。

tags: